べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

100701 流れる羽毛

100701-1

 腹部の 幾何学的に並んだ波打つ毛並みは、永遠なる 種の豊饒を、
翅の 青の鱗粉は、儚い 個体の華麗さを あらわす。


 蝶といえば鱗粉を思い出す方が多い。
実際、鱗粉は彼らの大きな特徴であるが、
一方、蝶は結構毛深い種が多いのである。

 蝶は毛深いよ、と(蝶に詳しくない)一般の人に言うと、不思議に思われることがある。

 かつて、ヒメシジミを前にして、毛並みは結構魅力的ですよね、と、ある蝶屋に語ったことがある。
彼は何のことか理解できなかったようだ。 

 蝶屋の中でも、毛並みを愛でる人種は少ないようだ。
こんなに魅力的なのに。

 (すべての写真はクリックで拡大できます。拡大しないと、解らないことが沢山あります。)



 本日は、実はゼフィルス狙いで、高速に乗り小遠征したのである。
空振りであった。
ということで、ターゲットを変えたのであった。
ゼフィルスの光り輝く青緑色も魅力的であるが、本種の青もまた違った意味で魅力的なのである。

 まずは、 オスから。

100701-2

 胸部、腹部、翅基部、それぞれふさふさした流れるような毛で覆われている。
それらの羽毛(と言っていいのかどうか?)は、一定のリズムを持ち、艶やかなハーモニーを醸し出している。

100701-3

 本種とこの花はお似合いと思う。

100701-4

 左前翅にやや変形のみられる個体に遭遇した。下写真二枚。

100701-5

100701-6

 次、メス。

100701-7

100701-8
 
 私の指の上で 翅表を披露する。
冒頭の写真と、毛並みを比べてみてください。

100701-9

 実は本日は天候に非常に不安があったのである。
今にも雨が降ってきそうな曇天の元 半開翅するヒメシジミ、メス。(下の写真)
ある程度の標高がある山頂付近で(といっても広島ですが)、このような雲に覆われると、一抹の不安がよぎる。

 一般に蝶の開翅の向きをみると、太陽がどっちにあるか分かるのであるが、
さすがにこれは太陽を背負って開翅、という状況ではなかった。
どっち方向に太陽があるのか、たぶん認識できていないと思われる。私も解らなかった。
 飛翔するとさすがに体温が下がるのか、飛翔後とりあえず開翅して、体温を上げようとしているのではないかと、私は思ったのであるが、さて、この場合の開翅は果たして、ほんとにそういう理由なのでありましょうか?
間違っていたらご指摘下さると有り難いです。
 ぱっとみ、いわゆる背面日光浴?の態勢なんですが。

100701-10

 最後
ブルーに食傷気味の眼を レッドで中和。
ベニシジミ

100701-999


 本日は天候に不安がある中、イチかバチか、県北へ行ってきた。
ゼフィルスは、僅かな個体を遠くにみたのみで、ハズレであった。
ブルーな気分を慰めてくれたのは、ヒメシジミのブルーであった。






  1. 2010/07/01(木) 23:55:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<100708 森の宝石を求めて その2 ウルトラマリン編 | ホーム | 100624 森の宝石を求めて その1 サファイア編>>

コメント

ヒメシジミ

毛並みですか
チョウ初心者の私はフォトジェニックばかり気にして毛並みは考えていませんでした。
いかにもチョウを愛するべにしじみこむさんらしいなあ。
それにしてもピカピカの固体ばかりですね。
4日遅れでこちらのヒメに逢いましたが♀はいませんでした。

里のゼフは遅れているようですが、県北のお山のゼフも遅れている感じですか?
実は毎年7月初めに備北のお山のゼフに逢うのを楽しみにしているのですが、今年は都合で行けなかったのです。
遅れているなら、今週末に考えたいのですがどんなもんでしょうか?
  1. 2010/07/06(火) 18:02:08 |
  2. URL |
  3. otentoumaru #-
  4. [ 編集]

ヒメシジミ

こちらでも新潟に隣接した会津地方では多産するようですが、私はまだ会った事がありません。「姫」の名の通り可愛らしい蝶のようですね。
蝶の撮影時は複眼にピントを合わせるのに必死で、毛並みの美しさにまで目がいく事は少ないですが、後で写真を見直した際に「ハッ!」と気が付くなんて事が時々あります。
  1. 2010/07/07(水) 00:35:01 |
  2. URL |
  3. ぐみ #/0w90kGg
  4. [ 編集]

otentoumaruさん、こんにちは

 otentoumaruさん、コメント有難うございます。
毛の豊かさと発色は面白いところがあって、うまく写真に撮りたいと思っています。ただ、なかなかむつかしいです。
 ゼフィルスは私の感覚では、全体的に遅れ気味のようです。まだまだ充分楽しめると思います。今週末、面白いと思います。私もどこに行こうか悩んでいるところです。
  1. 2010/07/07(水) 09:14:06 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

ぐみさん、こんにちは

 ぐみさん、コメント有難うございます。
おっしゃるように、

後で写真を見直した際に「ハッ!」と気が付く

これがあるから写真は楽しいです。次にどのように撮ろうか、新たな課題と楽しみができますよね。
  1. 2010/07/07(水) 09:17:24 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/99-c565a4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (508)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード