べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

ギンイチモンジセセリ 求愛、追飛、闘争 など

 このたび、ギンイチモンジセセリを、CASIO EXILIM EX-F1にてハイスピードムービーで撮影する機会が得られました。
 若干の疑問、考察とともに、供覧いたします。





 まずは、二枚の画像から。ムービーから取り出したものです。
一番上がメス、下の二頭がオス(かな?たぶん。そういう前提で考えています。間違っていたら、ご指摘ください。腹部の形態、そして行動から、雌雄を判別したつもりですが、捕獲しての確認はしていませんので、絶対の自信はありません。)


ginnichi-tousou1

 上画像の次の瞬間が、下のもの。
中程にいたオスが、右下のオスに、体当たりを食らわしています。
これは意識的にぶつかったのか?それとも偶然か?
俺の女に手を出すな、と言ったかどうか?
 
ginnichi-tousou2

 ムービーは下にリンクを張っています。
時間経過がわかりやすいように、途中でのカットや編集などは行っていません。
600fpsでのハイスピードムービー(CASIO EXILIM EX-F1)。
ちょっと長めで(7分程度)、興味のある方以外には退屈と思います。
 
 オスの求愛、一頭のメスをめぐるオス同士の闘争(?)、卍巴飛翔もどきの舞、などが観察できます。
まず、オスがメスにアプローチするところからビデオが始まります。
直ちにメスは飛んで逃げる。
が、すぐに近くにとまる。
オスは、しばしメスの近辺で飛翔。すぐに手を出そうとはしない。なぜ?
メスからの合図を待っているのか?それとも?
待ちきれなくなると、アプローチ開始。
必ず、メスの尾端方向から。メスは上向きに草に静止しているので、下側からアプローチ。
メスはじっといているが、オスが接触してくると、飛んで逃げる、というパターン。
翅をひろげるとか、尾端を挙上するとか、積極的な交尾拒否態勢はとらない。
何度か、求愛(ほんとか?)、逃走を繰り返していると、他のオスが接近してきた。
 さあ、どうなる?
ここからオス同士の闘争が始まる。
衝突、体当たり だ! 
これは偶然か?それとも、意識的な体当たりか?後者のようにも見える。
そして、卍巴飛翔もどきの舞。
ゼフィルスほどの美しさはないが、お互いを意識し合った飛翔。

 ここで一つ疑問が。
メスは飛んで逃げていった。
オス同士は、メスは眼中になく(?)闘争、追飛にあけくれる。
オスがメスの追跡を諦めたのは、結果的に、他のオスとの闘争が原因のように私には見える。
メスより、他のオスとの闘争の方が魅力があるのか?
 それとも?



で、この後延々とおっかけっこが続きました。
追飛が終了したのは、実は以下の出来事があったからです。



 障害物に衝突してしまいました。
日頃は、次の次のムービーのように、障害物をうまくかわして飛翔していますが、さすがにこのときは頭に血が上り、それなりのスピードが出ていましたので、ぶつかってしまいました。


 さて、次のムービー。
日頃、ギンイチモンジセセリをかっこいいとは思いません(特に上のムービーを見たあとは)が、これはかっこよく映っています。
上のムービーの名誉挽回です。
やはり二頭の雄による、追飛。
日頃はちんたら飛んでいますが、他個体と絡む時は、やはり颯爽と飛翔するようです。ギンイチモンジセセリにしては意外な緊迫感を感じました。




 次のムービー。オスのパトロール飛翔(?)
一頭のみですが、密林を飛翔するギンイチモンジセセリ。
ギンイチモンジセセリにとって、草むらは、たぶん密林のようなもの。
植物が密生しているところ、狭い空間での、ホバリング、急旋回、等。
その巡航飛翔の特徴としては、羽ばたきを、開翅180度程度までしかしないこと。
ちいさく羽ばたく感じです。密林の中を細かく飛翔するには、この飛翔形式がいいようです。
スピードは必要ありませんし。もし、翅の振り下ろしをもっと大きくすれば、もっとスピードが出るかもしれません。
ただし、飛びたちの時は、他の蝶と同じく、180度以上振り下ろすようです。



下のムービーは、葉っぱ上への着地と飛びたち。
あまりうまい着地とはいえない。飛びたちの時は、さすがに翅をかなりの角度まで振り下ろしています。




 いずれのムービーも、2010/05/05、広島県にての撮影です。






  1. 2010/05/13(木) 20:20:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<100516 ベニシジミに縁毛幻光を求めて | ホーム | 100503 緑の黒髪>>

コメント

こんばんは

しかし根気よく観察していらっしゃいますね。
大変興味深く拝見しました。
やはりメスの後ろからオスが接近するんですかね?
私もベニシジミの奇妙な行動をみて、その2匹の関係がいまいちよくわからずにいるのですが、なんとなく参考になりました。
  1. 2010/05/16(日) 22:52:58 |
  2. URL |
  3. torimy #4a1thY..
  4. [ 編集]

torimyさん、コメント有り難うございます。

蝶の行動の中でも求愛行動やオスの闘争は、面白い場面と思います。
とっさのことなので、うまく記録に撮れないことも多くありますが、このようにムービーで撮っていると、あとから見直すことができ、結構面白いと思います。
 特にハイスピードムービーは、画質はかなり落ちてしまいますが、分からなかったことが見えてくることもあるようです。
 ベニシジミの求愛を撮りたいと思っています。
  1. 2010/05/17(月) 19:56:07 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

当方へのご訪問ありがとうございました。

これは素晴らしい動画記録集のようですね。
また、訪問させてください。
  1. 2010/05/22(土) 20:02:41 |
  2. URL |
  3. YODA #mk2zbHJE
  4. [ 編集]

YODAさん、ようこそ。

ようこそお越し下さいました。
礼服を着た貴婦人、というのはぴったりだと思いました。
第2化の観察が楽しみになりました。確かに、とまりたがる角度があるかもしれません。おそらく、着地のしやすさが関係しているのではないかと考えています。
 是非またお越し下さい。
  1. 2010/05/22(土) 20:14:43 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/91-96ef10eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (545)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード