べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

100425 春の光で遊ぶ

100425-1

 このところ、気温が低めで、蝶たちは苦労しているのではないかと思うのである。
今日はやや気温は低めだが、久しぶりに春の陽気に恵まれ、蝶たちと遊んでもらったのである。
春の光を蝶たちの翅の上で表現してみた。(いずれの写真もクリックで拡大します。)




 冒頭の写真、および下の写真。
コツバメの翅外側で春光を遊ばせてみた。
ブルーが出るのは知っていたが、黄色が明瞭に出たのは今回が初めてである。
うーん、写真は面白い。
次回は赤を出してみようと思うのである。できるかな?


100425-2

 次の写真は、ブルーのみ出ている。
色を出すこつが何となく分かってきた。

100425-3

 下、傾斜日光浴(lateral basking)。やはりコツバメの写真を撮るときはこのシーンが外せない。
コツバメはなぜ、日光浴をする時、開翅しないのか?その理由について考えてみる(空想する)のは面白い。
なぜ種によって太陽輻射熱の取得方法(スタイル)が違うのか?理由があるはず。

100425-4


 以下、場所かわっています。


 今年初めてであったツバメシジミ。
ブルーが美しい。
春だなあ。
 
100425-5

 きれいなメスがいたので、しばし、追っかける。
少し翅が破損していた。
やはり太陽光を意識し、翅をひろげる。

100425-6

 複雑な色合いが春の光に映える。

100425-7

 背面で春光を遊ばせてみた。

100425-8

 次の写真。
今年まだ撮っていなかったツマキチョウ。
見上げる角度で。

100425-9

 今年初めてのベニシジミのショット。

100425-10

 ラスト。ベニシジミの飛翔。
CASIO EXILIM EX-F1でのハイスピードムービー(1200fps)。






  1. 2010/04/25(日) 17:50:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<100429 コツバメの背に赤光を求めて | ホーム | 100418 コツバメと戯れる 傾斜日光浴を選ぶ理由 その1>>

コメント

コツバメの幻光は虹色と言うか、七色に変化していて凄いです。ツツジで吸蜜するツマキチョウの絵も初めて見たような気がします。
  1. 2010/04/25(日) 21:37:26 |
  2. URL |
  3. fanseab #-
  4. [ 編集]

fanseabさん、ようこそ。

fanseabさん、ようこそお越し下さいました。
褐色が基調の蝶に奇麗な黄色が出て、不思議に思います。
虹色の、赤橙黄緑青藍紫のうち、はじめの二色が出ていないようです。この順番に並んでいるようなので(欲目で見ると)、やはり光の波長による屈折?散乱?の違いによる現象なんでしょうか?
 いずれにせよ、面白く、奥深いところです。
  1. 2010/04/26(月) 21:17:05 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/87-a161d641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (539)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード