べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

100418 コツバメと戯れる 傾斜日光浴を選ぶ理由 その1



 コツバメの飛翔をスーパースローモーションで。CASIO EXILIM EX-F1でのハイスピードムービー(1200fps)。
広島県東広島市にて撮影。
 セセリと、コツバメと、さてどちらが飛翔(飛びたちの初期速度)が速いでしょうか?
正解(?)は、http://benisijimi.com/ のトップにて。
2者の飛翔を並べています。私はセセリの方が弾丸飛翔で速いと思ったんだけど。

 さて、今日は いつもの里山へ。
もちろん、ギフチョウを撮影したいと思って。それと、コツバメ。
ギフチョウは、わずかにワンチャンスのみであった。
今日もあまりよい天候とはいえなかった。




 以下、コツバメの飛翔、4連発。
CASIO EXILIM EX-F1の狭い画角のなかに飛翔を取り込むため、カメラを必ずしも水平には構えていません。





 飛びたちの動画である。
冒頭の動画でもわかるが、最初の翅の一振りでとりあえず空中に。すぐに上体を起こしている。
二振りめでは、もう既に態勢は安定しているようだ。
 
 コツバメに代表される傾斜日光浴?(でいいんでしょうか?、lateral basking)では、当たり前であるが、飛びたちにあたり、まず翅を閉じる、という動作(最後のミヤマセセリの動画参照してください。)が必要でなく、まず最初の動作でただちに空中に飛びたてるというメリットがあると思われる。
 では、ゼフィルスなどがテリトリーをはっているときに認められる、開翅の態勢は、いわゆるスクランブル態勢ではないのか?という疑問がわいてくる。すぐに飛びたてないだろ?このくらいの遊びは関係ない?
 なぜ ゼフィルスは傾斜日光浴をしない?


 次の動画は、CASIO EXILIM EX-F1でのハイスピードムービー(1200fps)を、iMovieに取り込み、
11秒のものを、44.6秒で再生しています。
 翅の動きなどを見るには、この方がいいかも。
前翅、後翅があたかも一枚の幕のように連動し見事にしなっています。
相変わらずの傾斜日光浴(lateral basking)の態勢から、直ちに飛びたつ。



下は、上の動画の元動画です。




 以下、スチルカメラでのコツバメの画像。
100418-1

100418-2

 下、ほとんど横倒しになるほどの傾斜日光浴。ここまで倒れると、傾斜日光浴という日本語は不適切かな。lateral basking(側方日光浴、側面による日光浴、という意味か)が実態をよく表現していると思う。
100418-3

100418-4

 おまけみたいになっちゃいましたが、ギフチョウ。
わずかに一回のみ遭遇。
日光浴にこだわって見れば、これは背面(でいいのか?)日光浴、dorsal basking

100418-5

 
 最後に、ミヤマセセリの飛びたち、飛翔。
飛びたちにあたり、当然ながら、まず翅を閉じている。そして、振り下ろして、離陸。
つまり、空中に出るまでに、ワンアクションほど、余分がいる(lateral baskingに比べると)。dorsal basking(背面日光浴でいいのかな?)の欠点だと思うのだが、この程度の時間差は問題ないのだろうか?
それを補うにあまりある日光浴の効率性(もしくはほかの理由)があるのだろうか?














  1. 2010/04/18(日) 17:53:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<100425 春の光で遊ぶ | ホーム | 100408 コツバメと戯れる>>

コメント

コツバメ

あの小さなコツバメも翅をくねらせて、まるで鳥のように飛ぶのですね。

ところで、ギフポイントでネットマンに逢われませんでしたか。
彼は17日も居られましたので色々とお話を聞かせていただきました。
すでに250種以上を採集されてるそうです。
凄すぎますね。
  1. 2010/04/20(火) 20:43:53 |
  2. URL |
  3. otentoumaru #-
  4. [ 編集]

otentoumaruさん、ようこそ

こんにちは。
鳥の飛翔とどう違うか、面白いと思います。鳥は、どのように飛ぶんでしょうか?蝶と鳥では、初期の浮力の得方が違うんじゃないかと想像しているのですが?詳しい方に尋ねたいと思っています。
 さて、あのポイントでは、たいていネットを持った方と遭遇します。その方達からいろんな情報を仕入れるのもまた楽しいものです。 250くらいが一つの壁と聞いたことがあります。私自身が何種採集したことがあるか、撮影したことがあるか、数えたことはありませんが、せいぜい 100?そこまでいってないかも。
  1. 2010/04/22(木) 13:51:35 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/04/23(金) 16:32:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

....様ようこそ、お久しぶりです。

とても嬉しいです。拝見させてもらいます。
復活を強く希望いたします。
あのカラスアゲハの写真はありますか?
  1. 2010/04/23(金) 19:32:14 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
コツバメにいちどは会いたいと思っています。
ギフもミヤマも都内では無理ですので山に遠征しなければならず一日がかりでした!
そちらの環境はほんとに羨ましいです。
  1. 2010/04/23(金) 22:19:26 |
  2. URL |
  3. Jーママ #L6L1d2IA
  4. [ 編集]

Jーママ さん、こんにちは

今日もまた、懲りずにコツバメを撮りに行きました。
今年は、ギフチョウはあまりお目にかかれませんでした。天候がいまいちです。
 でもコツバメは元気に飛んでくれますので、いい遊び相手です。
  1. 2010/04/25(日) 18:03:04 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/04/27(火) 16:21:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

...さん、こんばんは。

先日拝見しました。
いずれもシャープな写真で、すばらしいと思いました。もっと大きく引き伸してもよかったのではないかとも思いました。かつて南方系といわれていた種がいつの間にか仲間入りしていて、複雑な思いです。 それと、最近(たぶん)見つかったZたちがなかったけど、意図的に外したのかなあ、とも思いました。
 逆光のギフの産卵シーンが一番よかった。
でも、あのミヤマカラスが、昨年私がみた全ての蝶の写真の中で、一番すばらしかったです。あれと同じようなのを撮りたいなあとずっと思っています。衝撃的でした。
 名前出してもいいのに。
  1. 2010/04/28(水) 20:21:00 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/05/09(日) 16:14:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

...さん、こんにちは。

 ヤクシマルリシジミは、まだ市内ではお目にかかったことがありません。かつては室戸まで見に行きました。あっという間の北上です。
 いつかどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
  1. 2010/05/13(木) 16:52:08 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/86-b37fd56c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (545)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード