べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

090802クロヒカゲモドキ その2 和解編

090802-1

日本産蝶類のなかで、一番、賢いのはどれ?
なおかつ、一番、フレンドリーなのは、どれ?

 私は迷わず、クロヒカゲモドキをあげる。
(まず、前回7月30日の記事から読まれることをお勧めいたします。リンクはここ。)





 そこに、ある種類の蝶が棲息しているか否か、確かめる方法にはいろいろあると思う。
一番楽な方法は、占有行動中の個体を見つけることである。
蝶の行動の中でも、派手に目立つ行動だからである。もちろん占有行動をおこなう種類でないといけないが。
 種類によって、占有行動を開始する時間、好みの空間、飛翔の方法、などのパターンが決まっていることが多いので、その知識さえあれば、楽な方法である。
 特にクロヒカゲモドキのように、食草はどこにでも有るが、なぜか分布が局地的、しかも昼間は目立たない種類については、これはお勧めである。
 ここぞ、と思う場所で、座って、ただ、きょろきょろしていればいいのである。
時間が来れば、飛び出す。飛ばなければ、そこにはいない。ということになる。

 さて、今回私はクロヒカゲモドキの占有行動中の写真が撮りたいと思った。
生息地は知っているので(何年か前、クワガタ、カブトムシを目的で山中を放浪中、樹液に来ていた本種を偶然見かけたのだ。)、ここぞ、と思うところで陣取っていればいいのである。
前回は林や藪の中を歩き回ったが、今回は、彼らのアクロバット飛行を、高みの見物、と少し洒落てみようという腹づもりであった。

 先日は昼間の撮影行であったが、今回は夕方、ということとなる。
夕方五時前に、おもむろに出発。
今日は朝から晴れているので、ポイントさえ間違わなければ、テリはりが見られるはずである。

 予定より少し早めについた。
まだ時間がありそうなので、まずは林縁、林内を散策。樹液の出ている木はないか、クロヒカゲモドキ自体が、いないか、しばし捜索する。運良くクワガタとともに吸汁中のクロヒカゲモドキ発見するも、ちょっと高くて、撮影は無理であった。でも、樹液の出ている木を見つけたことは心強い。

 以下、探索中に見つけた個体。

 四つ目の眼状紋が出ている。

090802-2

次も、四つ目の眼状紋が出ている。
たぶん、前の個体とは違うと思う。どっちもメスかな、と思うんですがどうでしょうか。

090802-3


 そろそろどうかな、と思い、狙っていた空間に行ってみた。
やはりいた。占有行動中の個体が。

下写真、林縁のほどよい空間で縄張りをはる個体。

090802-4

 昼間は近づくのが非常に困難であるが、テリはり中は、結構近くまで寄れる。
一旦飛びたっても、元の場所、もしくはその近くに舞い戻ってくることが多い。

090802-5

 彼のお気に入りのテリトリーポイントに近づきすぎた私を、最初は警戒していた。
すなわち、私の周りを羽音が聞こえるくらい接近して飛び回っていたのであるが、そのうち、私に留まるようになった。

 下写真。クロヒカゲモドキと、笑顔で記念撮影する、べにしじみこむ。
右手は充分伸ばして、カメラを操作しています。

090802-6

他個体が近づくと、さっと飛びたち、ゼフィルスのごとく、しばし卍飛翔することもある。ただ追っかけあいだけのことも。

 なぜかテリトリーポイントとなってしまった私。
私に戻ってくるのである。

090802-7


 また私に戻ってきた。そして、おもむろに口吻をのばす彼。(下写真)
同じ個体とばかり思っていたのであるが、どうもさっきのと違うようだ。
翅の破れ方が違うぞ!!
テリトリーポイントの主が、交代したようだ。
さっきのは、負けたのかな?

 個体変われど、私は相変わらず、彼らの発着場となっている。
きっと、彼らは、私と親密になりたいのであろう。

 以前ネットを振っていたとき、竿に留まった彼を見て、私は挑発されたと感じた。でも、それはもしかして、間違いだったのではないか?彼は、私と友達になりたくて、近づいてきたのではなかったか?
 ネットを持っている時と、カメラを持っている時と、同じ行動でも、感じ方が違ってくるのかもしれない。しばし、反省したのであった。何を持っているか、何を目的としているか、によって、物事の感じ方、事象の把握の仕方が、かわってくるのだ。

 蝶に生き方を教わった私であった。

 本当のところは、彼らは私をどのように認識しているのであろうか?
私を無害な生きもの、もしかして親愛なる仲間、あるいは、ただの木偶の坊、物体?
少なくとも、有害な物、とは認識していないぞ。

やはりかれらは知性をもっているのか。

090802-8

 日没直前。
お月さんが明るくなってきた。
まだテリトリーをはっている。(下写真。シルエットしか写っていません。)
これ以上暗くなると帰り道が不安なので、私は帰ることとした。

その後、すぐ真っ暗になってしまった。

090802-9

最後に一つ、質問。

 日本産蝶類のなかで、一番、芳しいのはどれ?

わたしは、クロヒカゲモドキをあげる。
とってもいい匂いがするのである。

ネットを振っている方達は多分知っていると思うが、カメラのみ、の方達は、ご存じないかもしれない。
 彼らは、ダンディーなんである。香水をふっているのである。
今日彼らが、私の頭、顔の周りを飛んだとき、久しぶりに、その芳しい香を堪能したのであった。

 知性を持ち、お洒落な、親愛なる彼ら。また来年会おう。




  1. 2009/08/02(日) 23:00:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<YouTubeアップロード | ホーム | 090730クロヒカゲモドキ>>

コメント

信じられない!!!

まさか!
信じられません!!!
テリ張りの発着場ですか!
しかも複数個体の!

香水を振りまく知性ある蝶・・・全く別の世界の出来事のようです。びっくりです。

  1. 2009/08/03(月) 08:22:15 |
  2. URL |
  3. mag #RaJW5m0Q
  4. [ 編集]

magさん、こんにちは

少しの間でしたが、彼らに認めてもらったようです。彼らの羽音、匂い、緊張感、空気感、充分に楽しめました。
テリはり中は、彼らもハイになるのか、面白い時間帯です。
 蝶と過ごす時間。全く別の世界です。
  1. 2009/08/04(火) 08:03:20 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

いやあ、凄いですねえ。クロヒカゲには認めてもらったことがあるのですが、べにしじみこむさんの場合、クロヒカゲモドキですからねえ・・・。
しかし、一体どんな芳香がするのでしょうか。興味津々です。麝香臭のような感じ?
  1. 2009/08/04(火) 22:13:56 |
  2. URL |
  3. 越渓 #OqKZy1rs
  4. [ 編集]

越渓さんこんにちは

いい香り、です。いずれ遭遇されると思いますが、その時のお楽しみです。かなり接近してくださいね。望遠レンズでは無理と思います。できれば、触れるのが一番だと思いますが。
  1. 2009/08/05(水) 09:21:44 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

本当にすごいです。クロモとここまでスキンシップをとれる人は聞いたことがありません。
それから香りについては知りませんでした。来年試してみます。

今回の記事で撮り方についていろいろとヒントをもらえました。ありがとうございます。
  1. 2009/08/12(水) 03:03:04 |
  2. URL |
  3. mii #fQ14xMsw
  4. [ 編集]

miiさん、こんにちは

遠征、楽しかったようですね(ボウズもまた楽し。よい経験になると思います)。1の収穫は、10のボウズの上に成り立っていますよね。
 私は相変わらず近場でぼちぼちしています。
前々から、テリはりの写真を撮りたいと思っていました。特にジャノメチョウ科の。ほんとはもっと違ったアングルで撮りたかったのですが、来年の課題です。
 それにしても、最近のカメラ技術の発達はすごい。今回の写真は、はっきり言って、カメラが撮ってくれた。
オートフォーカスしかり、iso6400 しかり。以前のカメラだったら、とても撮れなかったです。
  1. 2009/08/13(木) 10:33:33 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/72-2094883f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (536)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード