べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

日没の頃

 本日の広島市の日没時刻は、19時16分
以下の写真の撮影時刻は、その1分後です。
蝶類で日没後に回転飛翔が撮れる種類というのは稀ではないでしょうか?
勿論、日没時刻だからといって、直ちに真っ暗になるわけではありませんが、
本種がテリはりする所は基本的に西日の当たらない向きの所なので、それなりの照度です。
カメラの設定がいまいちで、真夜中に撮ったような写真になってしまいました。
次回は工夫が必要です。(どうしたらいいのか、未だに解っていない)
ISOを上げすぎると画像が乱れるし、どうしましょう?
これでもISO4000です。

20170727-1
2017/07/27 19:17:44.10

20170727-2
2017/07/27 19:17:44.20

20170727-3
2017/07/27 19:17:44.30

20170727-4
2017/07/27 19:17:44.40

 本種の回転飛翔、追飛、なかなか満足に撮れません。
(他種もそうなんですが)

 本種、そして近縁種のクロヒカゲの回転飛翔は、下向きの螺旋回転となります。(ヒカゲチョウはどうなんだろうか?彼らは上昇していたような?最近見てません。)
何故でしょうか?
そういうことを知った上で上の三枚目の画像をみると、これは回転飛翔ではなく、追飛に移行したところ、と理解出来ます。
飛翔力の問題で、回転すると揚力が落ち、結果的に下降する、との説も有るようですが、さて、如何でしょうか?
クロヒカゲなんかは、テリはり態勢から、すでに下を向いている事が多いように感じています。
本種は必ずしも、はじめから下を向いている訳ではないと思います。
この二種の場合、留まっている葉っぱ(枝先など)より、必ず下への回転移動となるようです。
(あやふやな記憶ですが、一度だけ、クロヒカゲモドキとヒカゲチョウ(たぶん)の絡みを見たことがあります。その時、上昇したような記憶があります。もう一度この二種の絡みを見たい。)
一方、ゼフィルスの卍巴飛翔は、一般的に下降も上昇もするようです。
タテハの仲間では、例えば、ルリタテハは、上昇ではないでしょうか?
継続的な綺麗な回転にはなりませんが、アカタテハ、ヒメアカタテハも上昇ですね?(間違ってたらご免なさい)
まあ、地面に留まっているチョウが下降回転できないですけれども。

 小さい方が、上向きが可能で、より大きくなると(重力の関係で)下降となる、のかもしれませんが、
例えばヒメキマダラヒカゲは上昇もしていたような?クロヒカゲモドキのほうが大きいか。
大きさは、クロヒカゲモドキ>ヒメキマダラヒカゲ>クロヒカゲ  かな?
ここら辺も面白い所です。
 クロヒカゲモドキよりも、より大きい種で、綺麗な回転飛翔をする種って、ご存じありませんか?
それは、上昇回転?下降回転?
 

2017/07/27 広島県にて撮影 
クロヒカゲモドキ

ご参考までに、
ヒメキマダラヒカゲの卍巴飛翔
JIMOTONO-3

クロヒカゲの卍巴飛翔
kurohikagekaiten-1













  1. 2017/07/27(木) 23:59:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雲とツーショット | ホーム | 赤緑色に輝く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/646-4cb9100e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (539)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード