べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

飛翔 その6

20170505-DSC_2563

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 当初はヒメアカタテハがアカタテハを追うようですが、時間が経つと、その逆、アカタテハがヒメを追う状況も起こってくるようです。
間違っていたらご免なさい。

20170514-DSC_4019


 二枚の写真は、ほぼ同じ位置からの撮影です。

 太陽の高さ、雲の違いでおわかり頂けると思いますが、
撮影日、撮影時刻は違います。

 二種を比較すると、一日のうちで、まずはヒメアカタテハが、占有にハイになり占有行動を開始しますが、
当初はまだ占有はどうでもよい(山頂にやってきた以上は、どうでもよい、という言葉は語弊があるかもしれません。より、ハイになっていない、と言うべきかも)後からやってきたアカタテハは、追われる役どころとなります。
 そのうち、アカタテハも占有にご執心となり、アカタテハがヒメを追う状況も出て来るようです。

 " 脚を伸ばす時、伸ばさない時 "(http://benisijimi.blog36.fc2.com/blog-entry-609.html)は、ヒオドシチョウとアカタテハの絡みの初期ですが、この後どちらがどちらを追ったかというと、ヒオドシがアカタテハを追いました。ヒオドシのほうが、先に占有行動を開始しますね。
 " 飛翔 その5 "(http://benisijimi.blog36.fc2.com/blog-entry-627.html)で、アオバセセリが、アカタテハを追っている理由は、ただ単に、アオバセセリの方が、先にテリはりを開始したから、ではないでしょうか?アカタテハ弱すぎ、だからではないと思います。
今回のエントリーは、アカタテハの汚名を挽回させて頂く意味でも書いています。弊ブログでは、アカタテハが追われている写真ばかり供覧していますので、アカタテハ弱すぎ、と誤解されている方がいらっしゃるといけませんので。
 四種の中では、アカタテハが一番遅くに占有行動を開始します。
ちなみに、この四種の中では、アカタテハ同士の絡みが、一番迫力があると私自身は感じています。

 どちらが強いとか、弱いとか、そういう問題ではないと思います。
蝶類が二頭、絡んでいる状況を、バトル、戦い、争い、と言った言葉で表現することがしばしば見受けられますが、
違うんではないでしょうか?
ただ単に周りを飛んだり、追っかけあいしただけで、強い弱い、勝ち負け、を判定するのは、どだい無理な話では無いでしょうか?
戦いであれば、追飛や回転飛翔で、何らかの決着の仕方があるはずですが、勝ち負けの判定は、どの様になっているのでしょうか?
そもそも戦う理由が見当たらない(占有空間を確保するため、というのは、理由になりそうもないような)。


 ところで、この二枚の写真、写っている蝶は、どっちもオスですよね?
違っていたらお教え下さい。写真の精細感がないのでいまいち判りづらいとは思います。

2017/05/05, 14
ヒメアカタテハを追う、アカタテハ











  1. 2017/05/24(水) 00:49:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<異種との遭遇 どちらが、どちらを追うのか? | ホーム | クロヒカゲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/622-d2d22198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (545)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード