べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

新しいレンズで虫を撮る

P2280371

新しく入手したレンズで、春を撮りに行きました

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 越冬蝶が撮れるかもしれないと期待して出かけましたが、ルリタテハ(たぶん)を一回のみ、ちらっと見かけただけで、蝶影は殆どありませんでした。

というわけで、梅と蜂で、新レンズを試しました。

P2280271

P2280353

P2280322

P2280280

P2280425

P2280341

P2280294

P2280298

P2280195

P2280329

 すでにこのレンズでの撮影画像があちこちにアップされているようですが、期待に違わぬ性能のようです。
一部では、” 神レンズ ” とささやかれ始めているようです。
マイクロフォーサーズのキラーレンズとなりそうです。このレンズが使いたいが為にフルサイズからマイクロフォーサーズにマウント替え、が現実味をおびてきたのではないでしょうか(もしくはマウントの追加)。
 かつて、マイクロフォーサーズは、その撮像素子が小さい事から(フルサイズ、APS-Cに比して)、写りが悪い、と揶揄されていました(もちろん間違いだと思います)。オリンパス使っていると、白い大きなレンズを抱えた人から白い目で見られることがあるんですよね。なぜか。
私がよく行く家電量販店のカメラコーナーに、写真の写り(善し悪し)はフォーマットの大きさで決まる、というような意味合いのポスターが掲示されていたのをみて(カメラの解説がしてあった)、驚愕した覚えがあります(昨年のことです)。
どうも、最近の大方の意見では、写真は撮像素子で撮るようですね。知らなかった。私はレンズで撮る、と永年思っているのですが。このレンズが使いたいから、キャノンにする、このレンズが使いたいからオリンパスにする、このレンズのBokehが欲しいからソニーだよ、というのが本来のカメラボディー選びだと思うのですが。だから一眼(レフ)カメラですよね。
もちろん、センサーサイズが大きくて、なおかつ画素数が多い方が可能性は広がると思いますが、それを生かせるレンズが現実的な大きさ、重さ(そしてお値段)であるかどうか?造れるかどうか?
 今回の新レンズは、撮像素子の相対的な小ささを最大限に利用した結果のものと思います。ハンドリングのしやすさ、強力な手ぶれ補正、最短撮影距離の短さ、これらはマイクロフォーサーズであったからこそ実現し得たものかもしれません。(蝶撮り用の)テレマクロレンズとして、現在最強ではないでしょうか?
 画角が4.1°で、最短撮影距離が1.4mというのは新鮮な撮影法で、今回は、蝶撮りの練習ということで、たぶん今後、スタンダードとしてテレコンを入れて撮影すると思われるので、MC-14(1.4x テレコンバーター)併用、35mmフルサイズ換算840mmとして撮影してみました。
 いずれも手持ちです。本レンズの売りは、手持ちで600mm撮影が出来る、です。
この画角のレンズとしては驚異的な小型、軽量。手ぶれ補正も強力(もっと効いたら嬉しい)。
ただ、やはり、手ぶれとの戦いとなりそうです。
 蝶を撮るのが楽しみなレンズ、です。

 

2016/02/28 東広島市にて撮影
E-MI / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14(1.4x テレコンバーター)
トリミング有り








  1. 2016/02/28(日) 22:20:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新しいレンズで虫を撮る その2 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

神レンズ

テスト撮り 手持ちでこれほど撮れるとは・・・
まさに神レンズですね
今後のチョウ写真が楽しみです
  1. 2016/02/29(月) 11:36:55 |
  2. URL |
  3. otentoumaru #MS6MO/rs
  4. [ 編集]

おてんとうさん、こんばんは

 おてんとうさん、コメント有難うございます。昨年今頃でしたか、お話ししていたレンズがやっと出ました。売りは、強力な手ぶれ補正。巷では、1/2で止まったとか、1/15でオーケーとか無茶苦茶言っていますが、やっぱりそれは無理。室内で距離のある静止物を撮るのならある程度可能かもしれませんが、屋外で、接写では無理だと思います。生き物は、しかも風のある日は、とても無理です。被写体ブレがありますから。今回提示した写真は、たくさんの中から、どうにか見れるものを抜粋しました。それでもすべて甘いです。曇天で、シャッター速度が稼げなかったので、手ぶれもあるし、そもそも被写体ブレもあります。なによりピント合わせが難しい。100mmマクロで撮るときと同じ位の感覚でしょうか。やっぱり、接写ではシャッター速度を上げるのが基本だと再認識しました。
 やはり、躊躇なくISOを挙げられるボディーが欲しいです。
  1. 2016/02/29(月) 22:19:21 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/531-90120df2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (530)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード