べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

クロヒカゲモドキ 飛翔のダイナミズム その10 追飛-2

20150720-DSC_9119-2
2015/07/20 19:19:11.10

 あまり拡大してみないで下さい。画像が破綻していますので。
背景を明るくするために かなり無理して現像しています。

 (写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 先日は、アサギマダラの飛び姿をエントリーしましたが、今回は毛色を変えて、クロヒカゲモドキの飛翔(追飛)です。
陽と陰、緩と急、の違いでしょうか。

 一頭のみの飛翔だと ある程度は撮影出来るのですが(例えば前日のエントリー)、二頭になると、もうさっぱり、といった感です。画角内に捉えるのでも精一杯で(フルサイズ、15mm,fisheye)、例えば、今回の写真、0.1秒ズレていたならば、全くお話にならない写真となっています。約2秒間の連続写真を提示しますが、結構なスピードで大きく回転運動しているのがおわかり頂けると思います。追飛が回転になってくれたおかげで、2秒間という長時間、追うことが出来ました。二頭の蝶を、画角内の意図するところに位置させ、しかも両者にピントを合わせる(というより たまたま 合っている)、というのは神業であると思われます。そういう写真が撮れたあかつきには、宝くじを買おうと思っています。意図して撮れるような写真ではないですね。蝶の飛翔写真はすべて偶然の産物だと思います。たぶん。
 ご存じのように、アサギマダラの飛翔速度と、本種の追飛時の飛翔速度は、月とスッポン、路面電車と新幹線の違い?くらいでしょうか?リニア新幹線くらい?感覚的にはそんな感じです。アサギマダラも、ある程度は早く飛翔できるようですが(例えば、ネットインをミスった時など、今までとはピンキリのスピードで急上昇していきますね。知ってる?アサギマダラでネットインをミスる、というのもある意味、神業かもしれませんけれども)、それでも本種に比べると、鈍行列車のレベルでしょうか。
しかも本種の場合は、写真を撮るには棲息環境、時間に難があります。二頭にピントを合わせるには、ただただ、神に祈るのみしか方法はありません。今回の写真も、残念ながら、ピントは合っていません。思いっきり連写しましたけど、一枚もピントは合っていません。辛うじて、ピンの近傍に蝶が来てくれたのが、冒頭の一枚のみ、といったところです。

 蝶の飛翔を止める為に、今回はストロボを使用しています。
結果、背景が潰れてしまうことがしばしばあります(大抵そうなる)。
で、現像で誤魔化そうとしますが、やはり所詮は間に合わせの事後処置なので、満足する出来にはなりません。
このたびニコンから常用感度ISO 102400、増感ISO 3280000相当(Hi 5)まで、というカメラが発表されました。
以前の感覚からすれば、かなりぶっ飛んだ性能ですが(お値段もそれなりにするようですが、この高感度を必要とする人には唯一無二でしょうか)、それでも追っつかない感じがします。本種を撮るには。飛翔を止められるくらいシャッタースピードをあげたい、この暗さで。二頭が入る位に被写界深度を深くしたい。ストロボは、補助光として、僅かに当てたい。しかも、大幅なトリミングをせざるを得ない、たぶん。
LETHE属の飛翔を撮るには、今まで以上の 高感度・低ノイズ・広いダイナミックレンジが必要だと思われます。

 下の写真、背景を現像で明るくする前のデータから、蝶のいる部分をトリミングしたものです。
飛翔写真で撮りたいのは(静止写真でもそうなんですが)、やはり視線、ですよね。これのみである程度、動きが表現出来ます。左下の個体、身体はまだ左を向いていますが、頭、視線は、右を向いています。追っている個体を眼で捉えているようです。身体を反転させている途中でしょうか?仮に、右上の個体が写っていなかったとしても、左下の個体が、今後どのような飛翔の軌跡をとるかが容易に想像出来ます。
もっとクリアーに、精細に撮りたいのですが、現状での私の機材、腕、運ではこの程度が限界です。二頭を画角に入れる場合。
ゼフィルスの卍巴飛翔では、比較的このような視線や態勢を捉えるのは容易ですが(他の種類に比べれば、の話)、本種でそれを捉えるのは難しいと思われます。というわけで、嬉しげにこの写真を出してきた訳です。神様、有難うございました。来期もお願いしますね。

20150720-DSC_9119

 ちなみに、この写真の前後をアップします。動きが追っていけると思います。蝶は、かろうじてそれとわかる程度にしか写っていません。
約2秒間の動きです。

まず、0.5秒前 
19:19:10.60
20150720-DSC_9118

 そして、今回の写真(冒頭の写真、再掲です) ぐるっと回転運動をして、この位置に来ました。
この写真のみ、現像をある程度追い込んでいます。他は、暗部を持ち上げ、明るくしています(但し、思いっきり。)。
19:19:11.10
20150720-DSC_9119-2

その、0.1秒後。追飛が回転になっていましたので、どうにか画角から逸脱しませんでした。
19:19:11.20
20150720-DSC_9120

その、0.1秒後
19:19:11.30
20150720-DSC_9121

その、 1秒後
19:19:12.30
20150720-DSC_9122

その、0.1秒後
19:19:12.40
20150720-DSC_9123

その、0.1秒後
19:19:1.50
20150720-DSC_9124

その、0.1秒後
19:19:12.60
20150720-DSC_9125-2

この0.1秒後には、画角からはずれてしまいました。


2015/07/20 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ








  1. 2016/01/12(火) 09:18:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/505-2bc60e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (545)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード