べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

秋の日に その6

151103-16

 実質的にディスコンになってしまった、OLYMPUS E-SYSTEM
オリンパスのウェブサイトでは、E-5は既に販売終了しています(E-M1が一応、E-5の後継機と言うことになっています)。
 ZUIKO DIGITAL レンズは?まだ購入できるようです。いまだに新品を造っているのかどうかはわかりません。
在庫が捌けたらそれで終了、かもしれません。残念ですけども。
 今回は、その過去の遺物?になってしまった(かもしれない)レンズでの撮影です。

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 兎にも角にも、このレンズ(ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0)を使うときは緊張します。
写真を撮ってんだぞ、という緊張感が沸々と湧き上がってくるようなレンズです。
そういう意味でも、素晴らしいレンズであると思います。
手ぶれの確率が非常に高いし(いつも手持ちで撮っています。そもそもそこに問題があるかも。)、
極薄のピント面。
シャープなレンズだけに、失敗もシャープに写し出されてしまいます。

151103-11

 ZD150mmはオリンパスでも最高峰と謳われるレンズです。
ただ、使いこなしが非常に難しく、手ぶれ、ピント合わせとの戦いとなります。
さて、今回の写真で、眼がシャープに写し出されているのは何枚あるでしょうか?
勝率は?というより、失敗の確率は?と言った方がよいかも、というようなレンズです。

151103-12


ハッとする写り

このレンズだけでもフォーサーズの価値がある

何を撮影してもそのクリアさに驚かされる

その場の臨場感や空気感を感じることが出来る

これぞ、フォーサーズの逸品

すさまじい解像力と空気感がうっとりさせてくれる

等々と、素晴らしい評価が目白押しのレンズなのです(カカクコムのレビュー欄から引用させていただきました)。
が、その真価を発揮させる写真は、現実問題として、なかなか撮れません。

151103-13

 フォーサーズで150mm、35mm判換算で300mmともなれば、やはり手ぶれが恐ろしいです。
しかし、圧縮効果も得られ、状況により綺麗に背景も飛ばせますので、うまく使えば、美しい蝶のポートレートが撮れると思います。
もう少し最短撮影距離が短ければ、とも思います。
蝶を大きく写すことが出来ません。
なので、トリミングを考えての撮影、が多いです。

151103-14

 このところ、マイクロフォーサーズ規格での素晴らしいレンズが続々と発売されています。
ただ、未だ、この ZD 150mm F2.0を越えるレンズはでていないのでは無いでしょうか?
このレンズを越えて、初めて、マイクロフォーザーズが、規格として、フォーサーズを継げた、と言えるのかもしれませんが、ハードルは高そうです。
 来春発売(と噂されている)のサンヨンが、ZUIKO DIGITAL のサンニッパに何処まで肉薄できるか?あるいは越えられるか?がとりあえずの試金石であろうかと思います。無理かなあ?そもそもサンヨンとサンニッパを比べるのはフェアーじゃなさそうだし。
 オリンパスがF1.0クラスのレンズを開発中、との噂があるようですが、さて、どのようなレンズが出てくるのか、楽しみです。ばかでかくなってもいいから、キレのある、ハイスピードレンズを出して欲しいと思います。出来れば格安で。
ZUIKO DIGITALの、SHG(スーパーハイグレード)クラスのレンズを期待しています。

151103-17

 ちなみに、本レンズのフィルターサイズは、82mm、最短撮影距離が1.4m、最大倍率が0.13倍(35mm判換算 0.26倍相当)、1465g。
ニコンの新しいサンヨンは、フィルターサイズが77mm、最短撮影距離が1.4m、最大倍率が0.24倍、755g。
キャノンのサンヨンは、フィルターサイズが77mm、最短撮影距離が1.5m、最大倍率が0.24倍、1190g。

 ご存じの通り、オリンパスは(マイクロ)フォーサーズ規格なので、撮像画面サイズは、ニコンやキャノンより小さいです。が、なぜかフィルター径はオリンパスの方が大きめ、なおかつ重量もあります。
センサーサイズに比べて、相対的にレンズが大きい(他のメーカーやグレードのレンズと比べると)のが、SHGレンズの外観上の特徴ですが、写りを追求すると、どうしてもレンズが大きくなってしまうとのことです。
オリンパスの意気込みが感じられる素晴らしいレンズであると思います。

 本レンズの対抗馬は、ニコキャノのサンヨンではなく、サンニッパかもしれません(失礼、オリンパスのファンなので)。
 二大メーカーの、サンニッパを使ってみたいと思う今日この頃。私は触ったことさえありませんが、いずれも素晴らしい評価がなされているレンズです。
今回使用したレンズよりはるかに高額だし、メーカーの威信をかけたレンズであるはずなので、今回提示した写真より、はるかに写りがいいはずです。たぶん。フルサイズでサンニッパ、一度は使ってみたい組み合わせです。

151103-15



2015/11/03 東広島市にて撮影  キタキチョウ
E-M1 /
ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0









  1. 2015/11/05(木) 23:55:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<家路 | ホーム | 秋の日に その5 ポートレートレンズで蝶を撮りたい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/478-730b76ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (539)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード