べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

羽化不全の美

ukafuzenn-1

 水に反射し きらめく 太陽光 
 蝶の翅で 遊ぶ 太陽光 

 どちらが より 煌びやかなのか?

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)






 はじめて出会った本種は、前翅が本来の平面に伸びきっていない個体であった。
いわゆる羽化不全、軽微の羽化不全であろうか。
冒頭の写真の如く、前翅が波打っている。

 下の写真、本個体の右側面観。
前翅の先端部分は内側に湾曲している。
GOISITUBAME-MIGI

 本個体の左側面観。
やはり前翅に湾曲があり、本来の平面ではない。
割と鮮度の良さそうな個体であるが、これでは図鑑的な写真はとれない。
が、面白い写真は撮れそうだ。
GOISITUBAME-HIDARI

 下の写真、意図的に不全の部分(本来の形態ではない部分)を強調させた写真。
青く発色している。
後翅の平面部分も青く発色している。
 私が感じた 本種の最初のインプレッション。
翅に色がつけやすい!これは面白い!

GOISITUBAME-KYUUSUI3

 ということで、ひたすら彼に色を求めた。
下の写真、後翅の縁毛は青く発色。前翅後ろ半分は虹色に、不全部分は青に発色している。
右前翅縁毛が、湾曲している部分と本来の部分で違う発色をしてくれた。
形態に問題がある個体であればこその写真が撮れた。
GOISITUBAME-KYUUSUI4

 そしてポンピング。
GOISITUBAME-KYUUSUI5

 次の写真。
これもポンピング、尾端に水滴がついているところ。
左側前翅の縁毛部分は、右側ほどの湾曲はないので、一様に赤っぽく発色している。
GOISITUBAME-KYUUSUI6

 本個体はかなり長時間吸水していたが、じっとしているのではなく、向きを変えたり、歩いたり、ちょこちょこ動いていた。
下の写真、狙っていた千載一遇のチャンス。尾端をあげた状態での吸水。ポンピングであれば、水滴が尾端から離れて空中にある状態を撮影したい。
が、上手く撮れなかった。シャッタースピードが1/200秒でした。これでは止まらない。背景が黒であればよかったのであるが。
大きく拡大すると、もしかすると水滴?(私はこれを水滴と思っている)と思われる物が真ん中の赤矢印部分に写っている。ただし、前後の写真と比べてみて、意図的にそう思わなければわからない程度の写りである(二回クリックで拡大出来ます)。残念。
GOISITUBAME-KYUUSUI7

 もう一つ撮りたかったのは、光る水滴。太陽で輝く水滴。尾端についた水滴に太陽を撮し込みたかった。
残念ながら、撮影出来無かった。
GOISITUBAME-KYUUSUI8
 下の写真、
石の上に溜まった水溜まり、本個体の排出した水であるが、そこに太陽を撮し込めた(つもり)。
これも、拡大しないとわかりません。自己満足の世界です。太陽が写っているのがお分かりいただけるでしょうか?上の写真と比べてみて下さい。
いずれ、もっと凄いのを撮影したい。
因みに、この石の上に写っている水分はすべて、彼が排出した水分、ポンピングの結果出来た水溜まりである。身体の大きさから考えると、かなりの多量の水分を摂取、排出しているようだ。もちろん、これがすべてではなく、このポンピングの間に排出した水分のうちの、ごく一部である。
GOISITUBAME-KYUUSUI9




 本種は1カ所、後翅第2室亜外縁に橙色っぽいワンポイントがあるが(下の写真、うまく写っていない。今回、私はこれをクリアに撮影出来なかったのが心残りである。)、それ以外は、いわゆるツートンカラーの蝶である。
だが、光を絡めることでかなり色彩と遊べるようである。縁毛は青や赤に容易に発色し、コツバメよりも発色しやすいという印象を持った。

 水に反射し きらめく 太陽光 
 蝶の翅で 遊ぶ 太陽光 
 炎天下、光を意識した撮影を楽しめた。

 GOISITUBAME-KYUUSUI999

 シジミ類は一般に頭部の大部分を眼が占めており、これが彼らの可愛らしさを際立たせている。
本種の場合、眼の直下に目立つ黒い部分が有り、長細く見える効果を演出している。なんでこんなデザインなのか、面白い。

 本種に限らず、翅に形態的に異常がある個体、あるいは、後天的に脚や翅の一部を失った個体、もっと言えば、羽化からかなり時間が経過し表層の鱗粉をかなり失い、翅もぼろぼろになった個体に遭遇するのは、ごく普通のことである。
彼らの写真撮影はなかなか面白く、形態に問題が無く羽化から時間があまり経過していない個体、所謂完品の個体とは違った魅力、美しさ、あるいは躍動感、生命力などを感じることがある。蝶の写真撮影は面白い。
今回は、翅の問題がある部分に光を絡めて楽しめた。


2013年7月 熊本県にて撮影 ゴイシツバメシジミ


以下、
訪花、吸蜜、
極彩色に輝く翅、
単独飛翔、
そして、交尾、交尾飛翔 などについて、掲載の予定です。









  1. 2013/07/23(火) 22:06:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ゴイシツバメシジミ降臨(求蜜篇) | ホーム | 暑中お見舞い申し上げます>>

コメント

ゴイシツバメ

翅先も青く発光してたんですね
私は一枚も有りませんでした
ポンピングもキッチリ撮れてますね
さすがです
私は玉砕でした

いずれにしてもべにしじみこむさんらしい切り取りだと感じました
これからも楽しめそうです
  1. 2013/07/29(月) 20:00:46 |
  2. URL |
  3. otentoumaru #MS6MO/rs
  4. [ 編集]

おてんとうさん、こんにちは。

 おてんとうさん、コメント有り難うございます。
ゴイシツバメシジミは、縁毛が発色しやすい種であると思います。というわけで、楽しめました。
 そろそろ記憶も薄れてくる頃ですが、ぼちぼちアップしていきます。楽しめるかどうかはわかりませんが、見て下さいね。
  1. 2013/07/31(水) 08:01:40 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

違う世界

同じチョウに出会ったのに、全く違う世界を追い求めておられたのですねえ!?
いろんな切り取り方があるのだと感激しました。
私も、自分らしさを出せばいいのだと思いました。
まあ、それがわからなくて悩んでいるのですがねぇ。
次を楽しみに待っています。
  1. 2013/08/01(木) 19:04:27 |
  2. URL |
  3. mag #8iCOsRG2
  4. [ 編集]

magさん、こんばんは

 magさん、コメント有り難うございます。
四人で行くと、四人、四色でいろんな撮り方があって面白かったです。撮影スタイルも違うし、出てくる写真も違う、見方も違う。
 被写体が一緒でも、出てくる写真が違うからこそ、楽しめますよね。それが写真の魅力でもあろうかと思います。
  1. 2013/08/03(土) 00:30:07 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

九州の蝶

様々な成果があったようですね、おめでとうございます。
ゴイシツバメシジミやオオウラギンヒョウモン、自分は会える機会の無さそうな蝶です。なんせこちらからだと生息地が遠過ぎです(- -;)
沢山撮られて来たようなので、ちょっとずつ長期連載でしょうか。今後も楽しみに拝見させてもらいます。

例の黄昏時の目玉模様、今シーズンも健在ですね。こちらも楽しみです(^^)
  1. 2013/08/07(水) 21:57:01 |
  2. URL |
  3. ぐみ #/0w90kGg
  4. [ 編集]

ぐみさん、こんにちは。

 ぐみさん、コメント有り難うございます。
久しぶりの遠征でした。いわゆる希少種を求めての蝶行です。長期連載というほどではありませんが、ぼちぼち掲載していきます。九州は、そちらからだと遠すぎますね。でも、面白い蝶ですので機会があったら、是非撮影にいかれるよう、お勧めいたします。
 今の時期は、例の黄昏時の目玉模様にかまけていて、それ以外の蝶はおざなりになってしまいます。目玉模様は昨年はあまり掲載できなかったので、今年は沢山掲載したいと思っています。
  1. 2013/08/08(木) 13:14:28 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/270-0c14596a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (545)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード