べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

ダイアナ

KUROHIKAGE-TOP

 冒頭の写真、今のところ、今期の一番の傑作だと自分では思っている。
というより、これが私の現状での限界かなとも思うのである。
空を青く写すなんてことは、そこまでとてもできないのである。
どうやったらいいのでしょうか?

ところで、二頭写っているのがおわかりいただけるであろうか?(ヒント;後ろにいます)
まだらに写っている日差しから、時間帯や方向、彼らの飛翔している空間の照度を想像していただけるであろうか?

(すべての写真はクリックで拡大されます。
大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。
ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





 冒頭の写真の約0.1秒後が、次のシーン。
蝶、私(カメラ)、共に動いている。
二頭のうち、追いかけられている方(?)は、既にフレームアウトしている。
私はその動きに追随できず、片方しか捉えていない。
仮に追えたとしても、完全なピンぼけではあるが。
彼らを追いながら、ピントリングを回す、といった芸当は私にはできない。
なおかつ、この場合(レンズを左に向ける)は、感度も変えないといけない。こっちは向こうより暗いのである。
同じ感度で撮ると、バックが真っ暗となってしまう。
それはそれでいいのかもしれない。蝶を浮き出してみました、と負け惜しみが言えるのである。

今回は特に、ゴミ箱行きの写真の量産であった。
何処にもピントが合っていない素晴らしく外された、しかもブレのある写真の量産となった。
ぶれによってスピード感を表してみました、と負け惜しみを言ってみるのである。
ただしその場合は、どこかにピントが合っていないといけない。どこかって言っても、眼しか無いのであるが。
素晴らしいスピードで飛翔する二頭の蝶の目玉にどうやってピント合わせるの?偶然に頼るしか無いのである。
水平もとれていない。現像ソフトで直せばいいだけの話であるが、めんどくさいからしていない。
水平を敢えて外すことで、スピード感を表してみました、と負け惜しみを言ってみるのである。

kurohikage tuika2

 彼らは、基本、日陰を飛ぶ。
環境を撮ってみました、というのは単なる負け惜しみである。
フレームの真ん中に納めたかったのであるが、外されたのである。
かろうじて隅に写ってくれた。
もし、フレームの真ん中に入っていたとしたら、たぶんピントはこの写真よりはるかに合っていないはずである。
こういうのを怪我の功名ともいう。
追飛の写真は、怪我の功名の羅列でもあろうかとも思うのである。

KUROHIKAGE-4

KUROHIKAGE-2

KUROHIKAGE-6

KUROHIKAGE-3

 下写真、翅を打ち下ろす時と、挙げるときと、しなりが違う。当たり前であるが。
たぶん、その違いがでているのでは?一枚で比較できる面白い写真が撮れた。
私に向かって突進しているように見えるが、もちろん彼らは私に当たったりはしない。
あっという間に方向転換できるのである。彼らの移動能力を侮ってはいけない。
障害物を認識できる能力を侮ってはいけない。予知する能力を侮ってはいけない。
こういう面では人間よりもはるかに進歩した素晴らしい生き物だ。
ネットを振ったことのある方であれば、その意味は充分にお分かりいただけると思う。
彼らのほうが、一枚上手なのである。

KUROHIKAGE TUIKA

追飛の写真が7枚続いたが、順序としては、回転飛翔から始まるのが、正式な手順である(?)。
明らかなよそ者ではなく、その空間を共有(?)している個体同士の場合は、そのようであろうと思っている。
ダイアナの回転飛翔をそれなりに写すには、シャッター間隔が0.05秒、秒20コマ欲しいなあと思う今日この頃である。
もしくはハイスピードムービーかな。

KUROHIKAGE-5


 個体によって、ブルーの輝きが違うのが本種の見所であろうか?
以下の四頭、いずれも青に発色しているが、程度が明らかに違う。
(拡大するとよく解ります。)
KUROHIKAGE-7

KUROHIKAGE-8

KUROHIKAGE-9

KUROHIKAGE-10


0.01秒(0.1秒ではない)、シャッターレリーズがずれていれば,
ピントリングが僅かにズレていれば、
カメラをほんの少しふっていれば、
感度をとっさに変えていれば、
多分もっと上手く写っていただろうに。
と思える傑作(?)が、山積みなのである。

KUROHIKAGE-LAST

2012年6月 クロヒカゲ(Lethe diana)  いずれの写真も、広島県にて撮影。










  1. 2012/06/10(日) 23:59:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<120614 ヒロオビミドリシジミ | ホーム | 120531 追飛>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/178-507e502a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (508)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード