べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

Dual Basker トラフシジミの謎 その1

dualbasking-1
(2011/04/29、9:11 以下6枚同じ個体です。)
(この記事に掲載されている写真はすべて広島県東広島市にての撮影です。)
 
 中央の切り株、その根本右下に、チョウが見える。(すべての写真はクリックで拡大出来ます。)
斜面にある枯れたススキの葉っぱに静止している。
何をしているのだろうか?
そして、これが今回の主題であるが、このチョウは、水平に対して、どのような角度で静止しているのだろうか?
それは、なぜ?




 次の写真、レンズを替えて。この時、9:19であった。10分近く、この姿勢でいたことになる。この後、驚かしてしまい、飛びたったのである。
細い足場の上に、水平面に対し、かなり傾斜した角度で静止している事がおわかりいただけるであろうか。
これは不安定な姿勢ではないかと思うのであるが、何故わざわざこのような姿勢で静止しているのであろうか?
切り株の影の出方から、太陽光線が画面左上から差しているのが判ると思う。
tusikatorafulateral


 次に静止した時も、
以下の如く。やはり、傾いた状態で静止している。(2011/04/29、9:22)
dualbasking-3

 周りも入れて撮影すると、下の如く。斜面にはえた小木にとまっている。
dualbasking-4

 時計を少し戻す。9:06
dualbasking-2

 飛びたって、再び静止した時も、傾いた状態のまま静止している。9:09(下の写真)
翅に出来た枯葉の影で、太陽の位置が推測できる。
この姿勢は、いわゆる傾斜日光浴(lateral basking、身体を傾ける日光浴、横向きの日光浴、左右の翅を閉じて横倒しになり太陽光に片側の翅の裏面を向けるタイプの日光浴)ではないのか?と思うのである。
dualbasker9;9


 時計をもっと戻して、二年前に遡る。

 以下2枚、前掲写真のちょうど二年前の2009/04/29に撮影したもの。
葉っぱに何かがとまった、と思ってカメラを向けると、
トラフシジミであった。
なぜ、身体を傾けているの?
090429-17

 暫くみていると、今度は、翅をひろげたのである。
なぜ?
これは、傾斜日光浴から、開翅日光浴へ移行したと考えていいのだろうか?
それとも、全く違う他の理由からか?
090429-18

 さて、次。
これは?
トラフシジミの写真でよく見かけるタイプの、開翅。
さて、これは日光浴か?(2009/05/21)
090521-7

 さて、次は、2010/5/30(リンクあり)の撮影である。
 まずは葉っぱの下方からの撮影。影のみ。
太陽光を最大限に浴びるようにとまっているのではないだろうか?
影の出来かたから考えると、いわゆる傾斜日光浴(lateral basking)ではないか?
100530-2

 暫くみていると、姿勢を変えた。影が小さくなってきた。
意識的に、輻射エネルギーの吸収を小さくしたのかも。
 斜面を登って、横から写したのが、次の写真。
影の出来方に注目。小さくなっている。
これは、傾斜日光浴と、それに続く体温上昇後の日光浴の停止と考えていいのだろうか?
100530-3


 さて、次の例はいかに。(2011/05/02 10:25)
これはいわゆる開翅日光浴(acute basking,reflectance basking?)であろうか?
なぜこれを日光浴と考えるかといえば、わざわざ太陽の方向を意識して(?)向きを変えた上で、開翅したからなのである。
110502tsuikakaishi

 上の写真の直前。ぐるっと回って、向きを変えているところ。
私自身(カメラの位置)も若干かわっています。
チョウの胸部の光の当たり方で、画面の右側から陽があたっているのがわかる。
110502tsuika2

 向きを変える前。吸蜜しているところ。
この位置から、向きを180度近くかえ、開翅した。
太陽光線の方向を意識していると考えてよいのではないか?それとも偶然か?
tuika8-2


 写真をいろいろと提示したが、さて、ここで当然に思う疑問。
トラフシジミは、翅を開翅しての日光浴と、翅を閉じて身体を傾ける日光浴と、両方を行うのであろうか?
そして、その二つを、どのように使い分けているのであろうか?

 そして、そもそも、これらの姿勢は、本当に日光浴を目的としたものであろうか?

 開翅は、はたして、本当に太陽の輻射熱を受けることが目的なのであろうか?

 傾斜日光浴の典型例としてよく引き合いに出されるのが、コツバメである。
(コツバメの関連記事 http://benisijimi.blog36.fc2.com/blog-date-201104.html)
下の写真ほどの露骨な傾斜は、まだトラフシジミで観察したことはない。
さて、トラフシジミはここまで傾斜させることがあるのであろうか?
横倒しになるほどの傾斜日光浴を行うトラフシジミ、実は私が長年狙っているターゲットなのである。
その写真を撮ったあとに今回のこの記事を書こうと暖めていたのであるが、実は今は、トラフシジミはここまで傾けないであろう、と私は考えているのである。でも撮りたい。
(露骨なトラフの傾斜日光浴の写真をご存じの方は、是非お教え下さい。)

 トラフシジミの傾斜日光浴(違うかもしれないけど)とコツバメのそれとは、同じものなのか?
(若干違うのでは?とも思っています。)

 トラフシジミは、なぜ Dual Basker なのか?ホントにそうか?

 これが解ければ、なぜ、コツバメが傾斜日光浴しかしないのか?
その難問を解く鍵になるのではないかと、密かに思っているのである。
110502kotubmekeisha

 以下、
  Dual Basker トラフシジミの謎 その2
  そして、
  コツバメが傾斜日光浴を選ぶ理由 に続きます。
(いつになるかはわかりません。私の妄想ですから。気が向いた時に。)












  1. 2011/05/26(木) 15:44:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<110602 蝶の身震い コチャバネセセリのvibration | ホーム | 110515 青葉薫る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/131-cbe304ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (531)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード