べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

101231 去りゆく寅年を振り返って

 年末年始のお休みにあたり、今年の写真を見直してみた。
去りゆく寅年を偲び、懐かしさに浸ると同時に、来年の課題を洗いだそうという試みである。

寅。
やはりトラフシジミを挙げないといけないとは思うのであるが、今年はうまく撮影出来なかった。
トラ トラ トラ 三頭のトラフシジミ(http://benisijimi.blog36.fc2.com/blog-date-20100601.html)という題で一応書いてはいるが、写真的にはいまいち満足のいくものは撮れなかった。開翅など全く拝めなかったのが心残りである。来年はトラフの開翅のドアップを撮りたいのである。
トラフシジミに関しては、ある生態に興味を持っており、すなわち日光浴時の態勢について疑問を持っており、実はその写真を狙っていたのであった。dorsal basking?lateral basking? なかなか深い世界である。

 lateral baskingつながりで、次の種。
(いずれの写真も、クリックで拡大できます。縁毛幻光の鑑賞は、写真を拡大するのがいいと思います。)
 4/25
(2010/4/25)
 
 本種は傾斜日光浴しかせず、頑として開翅しない。
もちろん飛翔時には開くのであるが、その飛翔も非常に敏速で、しかも小さく黒っぽい色相なので、飛翔を捉えるのは非常に困難である。
ハイスピードムービーでトライしたのであるが、うまくいかない。(http://benisijimi.blog36.fc2.com/blog-date-20100408.html)
来年の課題の一つである。
 コツバメでもう一つ考えたのは、いわゆる縁毛幻光の撮影。
上の写真は、黄、緑、青、紫が出現している。
特定の条件下では、縁毛を赤で染めることも出来そうだという感触をもっているが、赤は難しい。(コツバメの背に赤光を求めて、http://benisijimi.blog36.fc2.com/blog-date-20100429.html)

 ならば、紅い蝶で青の縁毛幻光を出そうと企んだのが次の写真である。
光との角度をきちんととれば、青を出すのはそう難しい作業ではない。

11/18
(2010/11/18)

 次の写真も縁毛が青く染まっているが、これはいわゆる縁毛幻光ではない(と思う。定義にもよりますが。)。そのときの光線の具合で、全体的に青く染まっているのである。
縁毛幻光は、かなり煌びやかで、金属的な輝きをもっている。いまだにその美しさを写真に定着出来ていないが、輝きを写すのは難しいのではないかと思っている。
輝きって、縁毛幻光って、動きではないかと思うのである。ならば、ムービーか?
写真は面白い。

11/23-3
(2010/11/23)

 幻光つながりで、次の写真。
セセリで縁毛幻光を出してみた。

6/10
(2010/6/10)
 
 実はセセリチョウでは、イチモンジセセリで、強烈な縁毛幻光を拝む機会があったのであるが、風が強く、すべてブレブレで、うまく撮れなかったという失敗があり今年の心残りである。
ただ、セセリの場合は、縁毛を白く光らせるのも綺麗で、私の好みである。

 下の二枚、吸い戻し行動で、水滴が出ているところを写し込んだ。
この水滴に自分を写し込むのが夢である。出来るかな?
順光と逆光。
尾端と縁毛、両方を意識して。

5/30-1
(2010/5/30)

5/30-2
(2010/5/30)

 次の種でも、縁毛幻光を狙っている。今年はうまく撮影出来なかった。
うまくいけば、絶品がとれるはずだと、密かに期待している種である。

5/9
(2010/5/9)

 寅、虎といえば猫科である。うちにも猫がいるのであるが、これが小生意気で、こんちくしょうなのである。
が、かわいいのである。
猫といえば、なぜか私は次種を思い浮かべるのである。
なぜかは分からないが、翅の繊細な模様と、目立つ目玉模様がそうさせるのではないかと思っている。
そして、きれいな縁毛。

6/10-2

 本種も、実は青はうまく撮れなかった。来年こそは。
首周り、あるいは胸のあたりの細毛を青く光らせたのが下の写真。
(すべての写真はクリックで拡大できます。拡大しないとわからないことが多いと思います。)

5/16-1
(2010/5/16)

5/16-2
(2010/5/16)

 次の写真。腹部の下辺が青く発色した。

5/16-3
(2010/5/16)

 違う種であるが、細毛の発色つながりで、次の写真。
飛び古して翅はボロボロであったが、青く美しく発色してくれた。

7/1-1
(2010/7/1)
 
 次は割と翅が綺麗な個体。
本種は体毛の毛並みが美しい。流れる羽毛(http://benisijimi.blog36.fc2.com/blog-date-20100701.html)
本種も、白く美しい縁毛をもっている。

7/1-4
(2010/7/1)

 蝶は躯体の細毛が青く発色することが多い。
下の写真。構造色は出なかったものの、躯体で青を表現できた写真。
本種の翅表の色は、森の宝石を求めて その1 サファイア編(http://benisijimi.blog36.fc2.com/blog-date-201006.html)
6/24-3
(2010/6/24)

 次の二枚。毛状鱗の発色を狙っている。
下、青く流れるような細毛が美しい。
7/18-5
(2010/7/18)

 光の角度で、青のみならず、黄色、緑色にも発色。
これもゼフィルスの撮影の醍醐味である。

7/18-6
(2010/7/18)

 ゼフィルスつながりで、以下数枚。
今年は例年と比べて、発生の時期が遅れ、数も少なかったという話。

7/8-1
(2010/7/8)

6/24-1
(2010/6/24)

6/24-2
(2010/6/24)

7/8-2
(2010/7/8)

7/8-3
(2010/7/8)

 下の二枚同じ個体。

7/18-2
(2010/7/18)

7/18-3
(2010/7/18)

 ゼフィルスのラスト。
卯(うさぎ)にみえませんか?
ふっくらとした白い体毛。
来年(卯年)は、ふっくらとして、気持ちいい年になって欲しいなあ。
うさぎのごとく。

7/18-4
(2010/7/18)

 下写真。体毛つながりで。

11/23-2
(2010/11/23)

 蝶で寅、といえば、豹紋も外せない。(?)
なぜか車に執着する二頭。

 黄色いテールランプを愛撫する個体。

7/1-3
(2010/7/1)

 車の中に入ってしまった個体。

7/1-2
(2010/7/1)

 たてはちょうで縁毛を表現できないかといろいろ探っている。

7/18-1
(2010/7/18)

 次も、どうにか縁毛を白く撮せたのであるが、青は無理かなあ。

7/25
(2010/7/25)

 次の写真。
この精悍さは寅(虎)ではないだろうか。
私が今年最も付き合った種である。
本種はムービーを沢山撮影した。見直している最中であるが、これがなかなか時間がかかって、進まないのである。

9/12
(2010/9/12)

 ひかげ、目玉つながりで次種。

12/12-3
(2010/12/12)

12/12-2
(2010/12/12)

12/12-1
(2010/12/12)

 上の写真、初冬の雑木林を探索しての成果であるが、実は本命は下の種であった。
隣の山口県ではもう二十年くらい前から、定着している所があるとの報告があるが、当地ではどうなんでしょうか?
 
 今までに数える程しか遭遇しておらず(http://benisijimi.blog36.fc2.com/blog-entry-60.html)、初めて撮影出来た種。
これもその繊細な翅模様は猫科の優雅さを連想させる。

9/9usuirokonoma
(2010/9/9)


 さて、来年は卯年
どのような出会いが待っているのか、何が舞っているのか、楽しみである。
いろいろな蝶に光を当てていきたいと思っている。
お付き合い下さいまして有り難うございました。
来年もよろしくお願いいたします。

11/23-1
(2010/11/23) いずれの写真も、広島県にての撮影です。














  1. 2010/12/31(金) 23:54:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<110327 こんにちは お久しぶりです | ホーム | 101219 異形への憧れ その2>>

コメント

2011

あけましておめでとうございます。
さすがに秀逸なカットが並んでいますね(^^)
光や色彩など、独自の切り口を感じるべにしじみこむさんの撮影スタンス、今年も楽しみにしております。
本年もよろしくお願い致します。

ヒメウラナミジャノメで猫を連想・・・分かる気がします(^^)
  1. 2011/01/04(火) 14:48:03 |
  2. URL |
  3. ぐみ #/0w90kGg
  4. [ 編集]

ぐみさん、あけましておめでとうございます。

 ぐみさん、コメントありがとうございます。
一年を振り返ってみると、あれが撮りたかった、こうしたかった、等が沢山出てきますが、それなりの満足感もあります。今年卯年の課題もいくつか見えてきました。
今年もいろいろと撮影していきたいと考えております。 この一年、いろいろとご意見、有り難うございました。遠くに住んでいらっしゃる同好の士のご意見は嬉しいものです。
 本年もよろしくお願いいたします。
  1. 2011/01/04(火) 21:21:53 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

吸い戻し行動で、水滴に自分を写し込むのが夢!!!

なんてことを!!!

卯年・・・ぽんと弾んでできるといいですね。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2011/01/09(日) 19:55:18 |
  2. URL |
  3. mag #RaJW5m0Q
  4. [ 編集]

magさん、あけましておめでとうございます。

magさん、コメント有り難うございます。
狙った写真が、ぽんと弾んで撮れるといいのですが。
うまく行かないから楽しい、ってこともあります。
今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2011/01/10(月) 14:42:38 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/121-80e4e6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (539)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード