べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

101123 彼女の名前は

101123-1

 あまりにも普通に見かけるのである。それゆえ、ありがたみが少ない存在である。
この時期は、じっくりと彼女たちと向き合える絶好の季節である。

(全ての写真はクリックで拡大出来ます。拡大するとピンぼけ、解像度の悪さも拡大されますが、それなりの雰囲気は味わえると思います。)



 
 他の蝶がいなくても、本種だけはなぜかみかける。そのようなありふれた蝶である。
あまりにも普通種なので、改めてカメラを向けようとすることも少ない。
だが、一旦ファインダー越しに見るとその美しさに驚き、また、撮影がとても難しい種であることがわかってくるのである。
 空気のように存在し、なおかつその真価が評価されない。でもやっぱりいないと寂しい。
ごく身近な家族のような存在であろうか。

 以前、といってもかなり前、小学生時分のことである。憧れていた同級生、女性がいた。
なにぶん子供のことである。恋であるとか、愛であるとか全く意識していなかったが、今から考えると、あれが初恋かもしれないと思うのである。中学校に進級しクラスがかわったこともあって、いつのまにか彼女の存在自体忘れてしまっていたので、まあ、たいしたことでもないのであるが。
 それからしばらくの歳月が経ち、ある時、小学校時代の友達(男です)から、同窓生の名簿なるものを入手した。その時点での住所や職業が載っていた。何となく眺めていたのであるが、彼女の名前がかわっていた。旧姓、なになに、と書いてあったので、彼女であることは間違いないと思った。名字が変わっている。何となくもの悲しい気持ちがしたのである。もう何年も会ってないし、存在自体を忘れていたにもかかわらず。まあ、当たり前のことであるが。私も別の女性と結婚しているし。

 さて、キチョウであるが、キタキチョウ、という言葉をあちこちで見かけるのである。
よくわからないが、以前キチョウといっていたこの辺のキチョウは、キタキチョウというらしいのだ。
いつのまにか名前が変わったようだ。なぜだ?結婚したのだろうか?
キタさんのところへ嫁にいったようだ。何となくもの悲しい気持ちがするのである。
別に彼女に恋をしていたわけではないし、あまりにも普通種なので存在自体、あまり重要に思ったこともないのであるが。
 結婚して名字がかわった同僚を、いつまでたっても旧姓で呼んでしまうことがよくある。
なんとなくバツが悪いのであるが、急に切り替えるのは難しいのである。
あまりにも普通種である本種の名前が急に変更される。こんなことがあろうとは信じがたい。
学問的なことはよくわからないが、私にとっては、いつまでもキチョウ、なのである。
初恋の相手の名前は、あくまでもその当時の名前で覚えており、結婚後の名字などもう忘れてしまっている。

 ということで、キチョウなのである。私の頭の中では。


 今日は気温は低め。肌寒い風がふく。
黄色の舞姫たちは飛ばない。
自発的に飛ぶのはあまり期待できないので、ここぞと思うところをうろちょろする。
時たま、びっくりして飛びたつ舞姫。
それを追う私。
蝶とおっかけっこ。

101123-2

101123-3

101123-4

101123-5

101123-6

101123-7

 写真の基本として、白を白く、黒を黒く撮す、というのがある。
黄色をいかに美しい黄色として撮すか、これは難しいのである。
特に、左右の翅で光のあたり具合が違った場合、どうする?となる。
今回も白飛びしてしまった写真があまたあった。

101123-8

101123-9

101123-10

 名前が元に戻ってほしいなあ。


  2010/11/23 東広島市にて撮影 キタキチョウ










  1. 2010/11/23(火) 23:04:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<101202 12月になって | ホーム | 101121 ツマグロキチョウ飛び姿 10景>>

コメント

蝶の名前

前記事のツマグロキチョウ共々、素晴らしいですね。とまるのを見計らって撮影している私からすると、ただただ感心するばかりです。
名前の話、面白く読ませて頂きました。確かに、長年呼び慣れた名前が変わってしまうのは抵抗がありますね。
キチョウは最近2種に分かれて、キタキチョウとキチョウになったのだとか。ヤマキマダラヒカゲとサトキマダラヒカゲも、昔は同じキマダラヒカゲだったと聞いた事があります。研究が進むと、どんどん種名が細分化されてしまうのでしょうかね?
プロで研究している方々はともかく、趣味で追っかけている分には、慣れ親しんだ名前で呼ぶ方が自然な気もしますね。
  1. 2010/11/28(日) 16:13:14 |
  2. URL |
  3. ぐみ #/0w90kGg
  4. [ 編集]

ぐみさん、こんにちは。

 ぐみさん、コメント有り難うございます。
動きを撮影したいと考えて、あれこれやっています。
ほんとは動画が望ましいのですが。
 私の持っている辞書には、キタキチョウ という言葉は載っていません。古いので。学生時代に古本屋でやっとの思いで求めた本で、愛着があります。キチョウという言葉にも愛着があり、キタキチョウって呼ぶのに抵抗があります。これ以上無いほどシンプルで素晴らしい名前なので。
  1. 2010/11/29(月) 13:25:31 |
  2. URL |
  3. べにしじみこむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benisijimi.blog36.fc2.com/tb.php/115-b4ad0a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (545)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード