べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

クロヒカゲモドキ 2016 その1

20160714-DSC_6180

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





20160714-DSC_6178-Edit

20160714-DSC_6202

20160714-DSC_6220

20160714-DSC_6380

20160714-DSC_6388

20160714-DSC_6398-Edi

20160714-DSC_6423-Edit

20160714-DSC_6432

20160714-DSC_6233

20160714-DSC_7127-Edit


2016年  クロヒカゲモドキ 広島県にて撮影



















  1. 2016/07/29(金) 21:21:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

空色 3景

20160728-DSC_1758-Edit

 (写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





20160728-DSC_2648-Edit

20160728-DSC_1564-Edit

2016年7月 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ











  1. 2016/07/28(木) 23:53:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三つ巴

160724MITUDOMOE-0

 本種で三つ巴の追飛をまともに撮影出来たのは、今日が初めて。
基本的に、LETHE属の三つ巴の追飛の撮影は、完全に運の世界になると思います。
そもそも、本種の三つ巴自体、滅多にお会い出来ませんし。
クロヒカゲの三つ巴は、まあまあの頻度で遭遇出来ますが、あっちの方が撮影難易度は高いでしょうか?
クロヒカゲの方が、明るい所(相対的に)を飛んでくれますが、直線的に大きく動きますので。
飛行速度も、クロヒカゲの方が速いように思います。

 ところで、右の2個体は、ともに左の個体を意識している様ですが、さて、なぜ、左個体が追われる必要があるのでしょうか?
何故、逃げる必要があるのでしょうか?
どうなった時点で、追飛が解消されるのでしょうか?


2016/07/24 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ











  1. 2016/07/24(日) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れ

20160718-DSC_9094-Edit2

 前回のエントリーでも思ったのですが、ストロボの位置を工夫するか、もしくはもう一灯増灯するのがよいかも。


2016/07/18 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ









  1. 2016/07/18(月) 23:59:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

回転飛翔 クロヒカゲモドキ 2016-1

KUROMO150714KAITEN1

梅雨の合間を縫って、ひと月あまりゼフを追っていましたが、そろそろ本命の登場です

ZEPHからLETHEへ
引き続き追いたいゼフがあるのですが、身体が一つしか無いので、諦めも必要です
ZEPHを十分忘却させるだけの魅力を持つ LETHEだと思います

陽から陰へ



2016/07/14 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ











  1. 2016/07/14(木) 23:59:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七夕の日に

160707-1

160707-2

160707-3

160707-4

 今日は、今年の梅雨期の私のお休みの日では珍しく朝から晩まで晴れの予報。
今年はまだゼフィルスの卍巴飛翔を撮っていない。何種でもいいからゼフィルスの卍巴飛翔を撮りたい。

 どこに行くか昨晩さんざん迷いました。どこ行ってももう完ピンは無理かもしれない、ではどこにする?
あの山のファボだったら、まだ綺麗かもしれない。あっちの山のクリソはもうボロだろう。どうしよう?
早朝から夕方まで多種を狙ってあちこち移動するか、一点集中型で行くか?
無難な種で確実に押さえるか、いちかばちかに賭けるか。
一点集中型で、一か八かに賭けたところ、運良く一回、遭遇できました。

 昨年度は本種を狙って何回か出かけましたが(勿論複数の山です。うまく遭遇出来なかったから、さんざん出かけた、とも言えます。)、留まってくれたのはたったの二回(違う山でそれぞれ一回ずつ)、しかもどちらもホンの一瞬の遭遇で、シャッターチャンスどころの話しではありませんでした。昨年度は悲惨な目に遭いましたが、今年は昨年度の裏返しとなりました。ただし、出会えた個体数はほんの僅かですけれども。基本的に本種はそうだと思います。私の知っているポイントでは。一度に複数個体に出会えることが希なポイントで、卍巴飛翔を狙うのはハイリスクではあります。
しかし、今日は、七夕。
天の川の、東と西に別れた者たちが、逢い引き出来る日ではないか?今日は、逢える日だ。
本種の卍巴飛翔に出会えるに違いない。
などという殆ど根拠のない理屈をこねて、希種の卍巴飛翔への遭遇に賭けたわけです。

 広島でも何処かで、複数の本種があちこちで卍巴飛翔を行っているような、そのようなところがあるのでしょうか?
そういう山を探し回るのも面白いと思いますが、なにぶん、梅雨の限られた休日なので、既知の産地に今日も出かける弱気です。

 今年は梅雨に祟られて、撮影出来た日が例年より少な目。
出会ったゼフィルスもかなり少な目。そもそも出かけませんでしたから。雨で。
出かけても、豪雨の中、下山する、という悲惨な体験もありました。(それを覚悟で行ったわけですが。)
ホンの一瞬でしたが、やっとこ、今日、ゼフの卍巴飛翔にカメラを向けることが出来ました。

 尾状突起が四本揃っているゼフィルスの卍巴飛翔、今年はもう無理かなあ。


2016/07/07  









  1. 2016/07/07(木) 22:52:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (506)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード