べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

デザインの妙

20160512-P5120137

 蝶を追ってある程度の経験がある方は、黒色アゲハがこのように、ぺたん、と翅を広げて休憩(?)しているところに出くわした事があるかと思います。
さて、何をしているのでしょうか?この開翅の意味はいかなる物でしょうか?
この写真では、木洩れ日の当たる微妙な位置にとまっています。
弊ブログを訪れる方々は、比較的蝶にお詳しい方が多いと思います。
この写真の蝶が何アゲハか、一瞥でおわかりになりますか?

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





 とある山の頂上にて
蝶たちのテリはり饗宴を楽しんでいました

最上層はアオスジアゲハ
 これはもう、青空背景で、とてもダイナミックな飛翔をします
 正に、飛翔、という言葉を使いたいような躍動感が楽しめます
 アオスジアゲハの飛翔写真をいつかは撮りたいと思っていますが、どうやって撮ったらいいのか、いまだにその糸口がつかめていない状態です。

 最近、蝶関係のブログでは、” 飛翔 ” という言葉が大安売り状態で(単に私のイメージです。私のブログでもそうかも。)、草むらや地表をちらちら舞う蝶の飛行にも飛翔、という言葉が使われることがあまたあるようですが、”飛翔”という言葉の本来の状態ではないんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?
他に適当な言葉が見当たらないというのもありますけれども、 ” 翔 ” は、かける、広大な空間を飛ぶ、ダイナミックな状態を感じる言葉なのですが、いかがでしょうか?
大鷲は、大空を飛翔します。この場合は、飛翔でも違和感がありません。
では、スズメが、人に驚いて飛び立つのを、飛翔と言っていいのかどうか?雀が飛翔した、というのは大げさで、雀が飛んだ、でいいのではないかと。あるいは、カラスがゴミにたかりに飛んで来るのを、飛翔という言葉で表して良いのかどうか。カラスが飛んできた、でいいのではないかと。カラスが飛翔してきた?

 ”飛翔”という言葉には、”とぶ”という意味を持つ言葉が二つ重なっている訳ですが、そもそも、”翔” を、とぶ、と読んでいいのかどうか?
基本的には”かける”、だと思うのですが、”とぶ”とも読んでいるようです。
”かける”、であれば、やはり大空をかけめぐる、といったイメージとなり、ダイナミズムを感じ取れます。
”とぶ”であれば、動きは感じとれますが、ダイナミックさは薄れてきます。(あくまでも私の持つイメージですが)
”飛翔”の、”翔”を、”かける”、と考えるのであれば、例えばヤマトシジミやギンイチモンジセセリなどの飛行を、飛翔、と呼ぶのは大げさと思われますが、”翔”をただ単に”とぶ”、と考えるのであれば、問題は無いのかとも思われます。
まあ、暇人のいちゃもん、こじつけです。

 司馬遼太郎さんの”翔ぶが如く”、あれは確かに、”とぶ”と読みます。かけぶがごとく、とは読まないよなあ。
私が浪人時代、ラーメン屋で味噌ラーメンすすりながら聴いた曲は、”カモメがとんだ日”でした。
あれは、飛んだ、ではなくて、翔んだ、だったと記憶しています。
では、カモメが飛んだ、と、カモメが翔んだ、では、どの様に違うのでしょうか?
尤も、この曲のカモメは、鳥のカモメそのものである、ともとれますが、船員さん、ともとれますし、未練を捨てて未来志向しよう、と決断した女、ともとれるようですが、さて、本当はどれなんでしょうか?
カモメつながりで、確か私が中学生時代にベストセラーとなった”カモメのジョナサン(Jonathan Livingston Seagull)”、ひたすら飛ぶ、という行為自体に意味を見いだそうとするカモメの話しだったと記憶していますが、さて、五木寛之さんの訳では、”飛ぶ”、”翔ぶ”、どっちでしたっけ?たぶん、年代から考えると、”飛ぶ”かな?もし今、新たに訳本が出るとすれば、案外、”翔ぶ”、が使われるのではないでしょうか?

 例によって、論点がズレてきました。
 話しを元に戻します。
さて、アオスジアゲハの下は、アオバセセリの領域
 まあ勿論 ”飛翔” 、なのですが、忙しげに彼方此方行ったり来たりしている様からは、ダイナミックさよりむしろ、滑稽さ、も感じてしまいます。飛翔、というより、うろちょろ空間を忙しげに彷徨ってる、って感じでしょうか。

そして中層に スミナガシ
 さすが中型タテハの面目躍如。今回の俳優たちの中では一番悠然とかまえており、滑空を交えて飛翔します。種は違いますが、滑空、といえば、オオムラサキ。私が初めて蝶の”飛翔”で、感動した種です。とある高原の林縁の空間を、悠然と飛び去る様、いまだに覚えています。まさに、 ” 飛翔 ” でした。あれで蝶なのか?と思わせる迫力がありました。

少しズレて、そのちょっと下に クロヒカゲ
 本種二頭の追飛は見応えがあります。といっても、眼で追っていけないところがありますけれども。
 かなりのスピードで黒っぽい蝶が日陰を行ったり来たりの追飛。
 飛翔、翔る、というよりは、空間を忍者のごとく駆け抜ける、といったところでしょうか。

最下層から中層にかけて ダイミョウセセリ
 アオバセセリと接触してセセリ同士で追飛を行ってくれないか、期待を持ってみていたのですが、今回はありませんでした。どっちが追うようになるのか、興味ある所です。

隣の空間では、キアゲハ、ツマグロヒョウモンというキャスティングでした。

 で、やっと今回の蝶となります。
上述の華々しい連中はそれぞれお気に入りの空間を占拠しており、それなりに調和を持っているわけですが、それをかき乱し、飛びたたせる役割が、時々流してくる黒系アゲハです。
黒、尾長、紋黄、烏。
とっかえひっかえ、黒いアゲハが飛んでくるのですが、この観察時間の間に唯一静止してくれたのが、冒頭のもの。
本種は、飛行中は、簡単に種の判別がつくのですが、なぜか、このとまり方です。
そこで、不思議に思ったのでした。
最も特徴的な斑紋がちょうど見えないような翅の広げ方です。
意図的に斑紋を隠すように前翅を重ねているのでしょうか?
それとも、このとまり方をする時に、ちょうど綺麗に隠れるように、斑紋がデザインされているのでしょうか?
蝶の翅のデザインには面白い物がよくあるのですが、本種の紋の位置について、おや?と思った一枚でした。


2016/05/12 広島県にて撮影 モンキアゲハ










  1. 2016/05/17(火) 09:03:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クロヒカゲが撮れるという事

20160515-P5150088

 これも四つ眼(四ツ目)と言ってもいいと思いますが、第三、第四の眼状紋は薄めです。
クロヒカゲの四つ眼では、よくあるパターンといえるでしょうか。
第三の眼状紋が、でかくて、くっきり、っていうのが好みなのですが、そういう個体はかなり少な目だと思います。

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)



 さて、この写真で驚くべきは、シャッタースピードが1/60秒、ということ(ラッキーなことに風が殆ど無かった)。
マイクロフォーサーズで、ISO800、1/60秒、という事で、さすがに精細感にかけますが、
画角4.1度のレンズを手持ちで(しかも1.4テレコンつけているので画角はさらに小さい)、望遠マクロとして使えるというのは、驚くべき事と思います。

 かつての機材では、私はこのような写真は撮れなかったと断言できます。
私が20数年前に初めて買った撮影機材は、PENTAX SFX と100mmマクロレンズですが、その組み合わせでは、これは絶対に撮れません。
ASA800というフィルムは粒状感が悪かったと思うし(当時はASA64か、100のリバーサルフィルムが第一選択だったと思います。今は無きKodakか、フジか、って事です。)、100mmマクロレンズで撮影する場合、それなりに近づかないといけません。シャッタースピードを稼ぐために、やむを得ず絞り開放f2.8で撮ることになりますが、それでも手ぶれしないシャッタースピードでは撮れないはずです。ましてや被写界深度はとてもとても浅い物で、眼にどうにかピンが来ているので精一杯だと思われます。ピント合わせも難しかった記憶があります。マクロ撮影でオートフォーカスは、まず使い物になりませんでした。SFXは、オートフォーカスカメラでしたけれども。決定的なチャンスの時に限って、フィルムが終わってしまい、そろりと数歩下がって、フィルム入れ直し、さて、再び撮ろう、と思っても、もう蝶はそこにはいませんでした。
かつての蝶撮影は、今から考えると、無茶苦茶困難なものであったと言えるでしょうか。
当時はそんなこと全く思わずに、喜々として撮影していました。もちろん、フィルム代にひやひやしながら、ですけれども。

 あの当時、クロヒカゲを撮ろう、なんて、まず、思いませんでした。
綺麗にとれるわけないから。
ましてや、紫藍色環を輝かせよう、なんて、ありえませんでした。
眼にピントを合わせて、出来るだけ手ぶれしないように心がける、それだけで、手一杯という状況でした。
近づけて、シャッターが切れたらラッキー、という次元でした。

あ、クロヒカゲ、普通種だから撮るまい、ではなく、
クロヒカゲ、撮れないから止めとこ、フィルム代もったいないし、普通種だし(言い訳)でした。

 もう最近は、そんなこと遥か彼方の過去の如く。
クロヒカゲ、思い切り撮っています。
クロヒカゲが撮れる、っていうことは、撮影機材が格段に進歩したという事です。
日陰者(LETHE属)を撮るときは、ホント、嬉しくて仕方が無いです。
なんか、自分の写真の腕が格段に進歩したように錯覚しますから。

クロヒカゲが撮れるという事、そのことに感謝しながら、シャッターを切ったのでありました。

(もちろん、ストロボ使用前提なら、話しは変わってきます。かつての昆虫撮影の手引き書などを見ると、たいていの場合、ストロボ使用を前提としたものが多いと思います。実際問題として、ストロボを使わないと、光が圧倒的に少ない状況が多いですよね。私は当時から、ストロボには苦手意識があって、殆ど使っていませんでした。現在も、昆虫撮影、というか、マクロ撮影では、ストロボは便利な機材ですが、有効ISO範囲の拡大、現像ソフトの向上などにより、ストロボの使用機会も逓減傾向にあるのでは無いでしょうか(私の推測です)?単に光量の少なさを補う、という意味では。
今後は、昆虫撮影の分野でも、ストロボの使用は、単に光量の少なさを補う、という意味のみでは無く、光のコントロール、すなわち斜光、逆光、左右での光の量を意図的に変える(ポートレートでは当たり前の使用方法)、などという、より洗練された使用方法、特定の意図を持った使用方法が増えてくるように思われます(希望的観測)。ちなみに、クロヒカゲでは、ストロボを使うと、紫藍色環が発色しやすいようです。冒頭の写真は、勿論ストロボは使用していません。背景が暗く飛んでいるようにみえるのは、ストロボを下手に使ったからではなく、超望遠レンズで、背景がある程度離れている葉っぱに蝶が留まっているから、勿論背景は暗いから、です。ストロボ光をちょっぴり当てたワンショットも撮りたかったのですが、E-M1におまけでついていたストロボを持ってくるのを忘れていました。今まで、マイクロフォーサーズで、ストロボ使ったことがないので、次回まで、使用説明書を読んでおく必要があります。私がストロボを使うと、確かにはっきりくっきりになるんですが、瑞々しさ、繊細さが何処かに行ってしまい、不自然さがどうしても残ってしまいます(このシチュエーションで、こんなに蝶が綺麗に ”見える” わけないだろ?という違和感。それでもくっきり蝶を浮かべることを良しとするか、不自然だから良くない、と思うか?)。そこら辺のテクニック(自然に見える様にするテクニック、あくまでも、見えるように、ですよね)を磨く必要があります。この辺りは、使用説明書には載っていませんけれども。)


2016/05/15 東広島市にて撮影 
E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14
F5.6 1/60 -1.3EV ISO800 トリミング有り










  1. 2016/05/15(日) 20:52:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

墨流し

20160512-P5120011

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




20160512-P5120111

20160512-P5120293

20160512-P5120049

20160512-P5120321

2016/05/12 広島県にて撮影 スミナガシ











  1. 2016/05/13(金) 23:17:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四つ眼

20160512-P5120123

少しばかり距離のある葉っぱに留まったクロヒカゲ
ファインダーを覗いて、四つ眼(四つ目)と認識

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 嬉しい出会い
あっという間に飛んでいきましたけれども

四つ眼を輝かすこと、が目的で 、今日はこの山に来ました
(その目的が成就できる可能性は低いですが)

 今回の四つ眼との遭遇は 残念ながら、距離がある、光線状態がよくない、でした
もっと光線がフラットで柔らかい状態で、マクロで撮りたい蝶です
この距離で、この光の具合では、残念ながら、紫藍色環を輝かすことは出来ませんでした
(そもそも、輝く個体か否かも解らない)

 しかし、この眼状紋の並び、あたかもクロヒカゲモドキの如く、です
三番目の眼状紋がでかい!
眼を細めて、眼状紋だけを見たら、クロヒカゲモドキの新産地発見!
しかもクロモの四つ眼!!と喜んでしまうレベルかも


2016/05/12 東広島市にて撮影 
E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14
F7.1 1/640 -0.3EV ISO800 トリミング有り











  1. 2016/05/12(木) 21:31:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

クロヒカゲ

20160508-P5080040

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 とある山の頂上付近にて、吸水中の本種を見つけ、マクロレンズに交換して接近するも、あと一歩というところで、あえなく逃げられました。(まあ、いつものパターンです。)
崖を降りていったか、と思ったものの、万が一の可能性にかけて、崖の上から下を覗くと、なんと、マクロの射程距離に留まっていました。崖の頂上の大岩の上に腹ばいになり、撮影。カメラは真下を向いています。蝶は垂直に切り立った大岩に、翅を水平にして留まっていました。右に見える影は、撮影者のもの。私の影が蝶にかからないように気を遣いました。
蝶の翅に対して水平に撮像素子面を持って行きたかったのですが、ちょっと傾きがあったようです。

 太陽光直射で、この角度から本種を撮るのは、おそらく初めての経験。
こんなにたっぷりの明るさは、本種に似合わないよなあ、と思いながらの撮影でした。

 下の写真は、本種の撮影では よくある光線状態でのもの。
いや、明るい方かもしれない。
20160508-P5080048

さて、LETHE 出てきました
今年は四つ眼に出会えるか否か


2016/05/08 広島県にて撮影 クロヒカゲ










  1. 2016/05/10(火) 21:05:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルージュ

20160508-P5080338

眼と口の色彩の対比が強烈です

リンク有ります(ココをクリック、神の意匠 と 人の知恵


2016/05/08 広島県にて撮影 スミナガシ










  1. 2016/05/09(月) 23:35:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20160508-P5080266

2016/05/08 広島県にて撮影










  1. 2016/05/08(日) 18:38:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追う

20160417-DSC_3686

2016/04/17 アカタテハ










  1. 2016/05/05(木) 16:51:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽と飛行機雲の間に

20160429-DSC_4939


 画質がよくないので解りにくいかと思いますが、
追っているのがヒメアカタテハ、追われているのはアカタテハ

 どうしても空には太陽、雲、あるいは月、時々、飛行機(雲)等があります。
邪魔になる時が少なくないですが、利用価値も有りです。
虹や夕焼けは大いに利用したいのですが、なかなかうまくはいきません。
蝶の飛翔写真の出来は、殆ど偶然によるところだと思います。

 基本的に逆光時は、のぺっとした写真になってしまいますが、蝶が太陽に近接した、あるいは重なった時に(重なると、蝶の輪郭が飛んでしまう可能性)、どの様に解像感を出すかが、今後の課題です。

 ちなみに、冒頭の写真の、0.2秒前は、下の如く。
これで、種の判定が出来ると思います。
この0.2秒の間に、方向転換しています、だから、画角内に捉え続けられた、ともいえます。

20160429-DSC_4937



2016/04/29 撮影










  1. 2016/05/04(水) 17:19:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草むらにて

20160501-DSC_5162

 本種で一番撮りたいのは、このシルエット
勿論、メスがいいです。オスは、ちょっと貧相な感じになってしまいますので
ただ留まっているだけ、なんですが、独特の雰囲気があります。

 セセリとしては異型ですが、蝶としては 美しいプロファイルだと思います

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




20160501-DSC_5171

20160501-DSC_5091

20160501-DSC_5112



2016/05/01 広島県にて撮影 ギンイチモンジセセリ











  1. 2016/05/03(火) 21:30:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏

20160502-P5020199

 私の場合、このチョウを見ると、夏が来た、と思います。
空間をすいすいと、気持ちよさそうに 漂う
新緑にぴったりの蝶だと思います。

昨日、今日と、気温が例年より高めでした。
そろそろ半袖に移行でしょうか。

 ちなみにこの写真、ホントは、もう一頭、撮るはず、だったものです。
歩き疲れて、しばしの休憩、座り込んでいると、目の前、見上げる角度で、突然始まった蝶の回転飛翔。
カメラにはマイクロフォーサーズの300mm(換算600mm)がついていました。おまけに露骨に逆光(いつもそれを狙っているとも言えますが)。
靴を脱いで座り込んでいたので、身体を前後させる(今回の場合は思いっきり後退)、という事も出来ません。後退出来る空間もありませんでした。
大急ぎで、露出補正し、マニュアルでピント合わせ(オートフォーカスは無理)。5ショット撮影し、ピントがどうにか見れるのが唯一この一枚。右に、もう一頭いるんですよ。写ってないけど。画角4.1°に、二頭入れるのは無理な距離でした。仮にもう一頭、写っていたとしても、ピントは期待できない代物だと思いますけれども。

2016 初夏










  1. 2016/05/02(月) 19:57:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サツマシジミ

20160501-P5010076

 木洩れ日の中で 翅を広げる サツマシジミ

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




20160501-P5010061

20160501-P5010090

20160501-P5010166

20160501-P5010147


20160501-DSC_4968

20160501-DSC_5043

2016/05/01 サツマシジミ









  1. 2016/05/01(日) 18:54:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (535)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード