べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

クロヒカゲモドキ 2014-2 追飛、回転飛翔

KUROMOMANNJI140731-1

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




KUROMOMANNJI140731-2

KUROMOMANNJI140731-3

KUROMOTUIHI140731-21

KUROMOTUIHI140731-22


2014年7月下旬 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ











  1. 2014/07/31(木) 22:09:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロヒカゲモドキ 2014-1

KUROMO140727-5

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




KUROMO140727-1

KUROMO140727-2

KUROMO140727-3

KUROMO140727-4

KUROMO140727-6

KUROMO140727-7

KUROMO140727-8

KUROMO140727-9

KUROMO140727-10

KUROMO140727-11

KUROMO140727-12

クロヒカゲモドキは、眼が綺麗ですね。

2014年7月 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ










  1. 2014/07/27(日) 21:24:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

偶然

GUUZENN1407-1

 蝶の飛び姿。
単写を選ぶ時も、連写を選ぶ時もあるが、卍巴飛翔を広角レンズで臨む場合は、連写を選択することが多い。
様々な姿が写っている(写した、ではなく写っている、という感覚になってしまうけど)が、時に、面白いシーンが写っている。

 ジョウザンミドリシジミの卍巴飛翔を撮ったものである。
今年度は、休みの日と天候の兼ね合いで、飛び古して翅に痛みのある本種にしか出会えなかった。
翅のすれたものであれば、すれたものなりの撮影の仕方があると思うが、今回、面白いシーンが写っていた。

 偶然の産物。
翅の欠け、の部分に相手の胴体が上手い具合に嵌まって写っていた。
飛び古した個体であったが故の写り。
これが完ピンであったなら、おそらくブログにアップするようなことはなかっただろうと思うと、面白い。
蝶の写真は、完ピンよりも、翅が飛び古している方が、面白い写真が撮れることが、ままあるようだ。
迫力は、翅が欠けている方がいいかなあ。綺麗ではないけれども。

 だからどうだ、っていう写真だけれども。個人的には嬉しい写真。
狙って撮れる物ではないと思う。
ついてた。
 その他の卍巴飛翔の写真はまた、後ほど。

2014年7月 広島県にて撮影 ジョウザンミドリシジミ










 
  1. 2014/07/22(火) 23:11:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウラギンヒョウモン

uragin1407-1


(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 本邦に生息する従来の ”ウラギンヒョウモン” は、実は、三種である(かもしれない)、という。
すでに十年以上前から話が出ているそうだ。私は寡聞にして知らなかったわけであるが、先日ふとした折、その話を聞いたわけである。

ああ、またややこしくなる。

 キマダラヒカゲの区別は未だに解ってないし(図鑑を見てその日は区別点を納得するが、翌日はもう忘れている)、ジョウザンミドリシジミとエゾミドリシジミとの区別も今だ全く解ってないし、アイノとジョウザン間違うし。ゼフィルスのメスをつらつらと並べられて、さて、これは何?というクイズを出されたら、正答率には自信が無い。メスアカとヒサマツは解るかなあ?でも、飛び古していたら、解らないかも。
メスアカとジョウザンは、卍巴飛翔が違うと言うが、先日私はジョウザンのつもりで撮っていて、途中でやっと、あれ、メスアカかも?と気がついた次第。卍巴飛翔をみて、種の区別が解るようになるには何年かかるのだろうか?回転半径が違う?スピードが違う?飛び方が違う?ああ、わからん。バックがカシワだから、ハヤシだろ?この時間だし、程度の判別能力では情けないとも思うのであるが。
 せせりに至っては、ちんぷんかんぷんである。
ギンイチモンジセセリとアオバセセリくらいは判ると思うが(希望的観測)、他は、飛び古してくると、もう判らない。完ピンでも区別つかないことがままある。
 さらには、アゲハとキアゲハ間違うこともあるし。
キチョウとキタキチョウに分かれた事を知らなかったし、スジグロシロに至っては、エゾ?ヤマト?なにそれ?

 なので、まあ、関係ない話です。ウラギンが一種であろうが、三種であろうが、六種であろうが。

 写真撮りました。さて、どっちでしょうか?
オオウラギンスジじゃないよね?これともよく間違います。
さて、あっちで飛んでるのは、ウラギン?オオウラギンスジ?どっちでしょうか?
フィールドではなかなか判別がつきません。特に飛んでいるときは。

 少なくとも、シジミとは違うのは解ります。
写真の迫力が違いますもんね。
シジミの類いを撮った後にヒョウモンを撮ると、その迫力に圧倒されます。一歩下がらないといけないし。
 

uragin1407-2

uragin1407-3

uragin1407-4

uragin1407-5

uragin1407-6


 2014年7月 広島県にて撮影  ウラギンヒョウモン
OLYMPUS E-M1 / ZUIKO Digital ED 300mm F2.8 , EC-14










  1. 2014/07/21(月) 18:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジョウザンミドリシジミ 2014

JYOZAN140720-13

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




JYOZAN140720-15

JYOZAN140720-16

JYOZAN140720-17

JYOZAN140720-11

JYOZAN140720-12

JYOMANN140720-5

JYOMANN140720-6

JYOMANN140720-4

JYOMANN140720-3

JYOMANN140720-2

JYOMANN140720-1

JYOZAN140720-14

2014/07/20 広島県にて撮影 ジョウザンミドリシジミ









  1. 2014/07/20(日) 23:33:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メスアカミドリシジミ

mesuakamesu2014-1

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 本種のメス、翅表の赤(橙)がなかなか良いのであるが、未だにきちんと撮れたためしなし。
いつになったらとれるのだろうか?

 このレンズ、なかなか良いのであるが、光の暈けに問題有り。
リニューアルは望めないし。なんで円形絞りにしなかったのだろうか?

2014年7月  広島県にて撮影  メスアカミドリシジミ
OLYMPUS E-M1  / ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro










  1. 2014/07/19(土) 22:07:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

べにしじみ

P7170044


(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




2014年 7月  広島県にて撮影  ベニシジミ
OLYMPUS E-M1  / ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro










  1. 2014/07/18(金) 22:13:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傾いた陽を浴びて

HATYASHI2014-1

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




傾いた陽を浴びて

2014年7月中旬 広島県にて撮影 ハヤシミドリシジミ











  1. 2014/07/17(木) 23:01:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スポットライトを浴びて

2014URAJIRO-3

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 林内の木洩れ日の当たる葉っぱに、とまっていた

2014URAJIRO-2


 本種のイメージは純白、であるが、なかなか白さを写真で表現するのは難しい。
光線状態が絶好であったのであるが、少々飛んでしまったか。
本種を真っ白に撮りたい。純白のゼフィルス
2014URAJIRO-1

2014URAJIRO-4


2014年 梅雨の季節に 広島県にて撮影  ウラジロミドリシジミ
OLYMPUS E-M1  / ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro










  1. 2014/07/13(日) 15:44:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

140710NIJI-1

 
(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





  非現実的な模様の この蝶

  非日常的な 虹

この組み合わせにお目にかかっただけでも、雨に濡れた価値はある

 命の洗濯をしてもらった

2014年 梅雨の季節に 広島県にて撮影  ウラナミアカシジミ
OLYMPUS E-M1  / ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro










  1. 2014/07/10(木) 19:58:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チョコレート色の

140706HIMEHIKA-3

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




 草原を、歩き回る
道無き草原を、歩き回る
私の歩みに驚いて黒い蝶が飛び出した

草原では黒く見える
緑一面の草原の中を黒い蝶が飛ぶものだから、一旦見つけると、見逃すことはない
私の住む町の近辺にも本種の生息地が知られているが、おそらく、ここの草原のものが、より黒っぽいと思う
同じ茶色といえども、キャラメルの色合いと、チョコレートの色合いほどの違いがあるように思える

 甘いキャラメル色の本種もいいのだが、よりビターテイストのこの色合いも捨てがたい

140706HIMEHIKA-2

 小雨を気にせず探索、撮影していたのだが、だんだん雨脚が強くなり、
彼女との一年ぶりの逢い引きも幕となった。
本当はもっとしつこく別嬪さんとのたまさかの逢瀬を楽しみたかったのであるが、カメラにつく水滴という現実の方が、より心配であったので。
 もうじき七夕  雨降って欲しくないなあ
140706HIMEHIKA-1

2014年梅雨の季節に 広島県にて撮影  ヒメヒカゲ
OLYMPUS E-M1  / ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro











  1. 2014/07/06(日) 21:45:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼフィルス 

140706aino-1

占有領域にてパトロール飛翔するアイノミドリシジミ(かな?)


(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)




広島県北のゼフィルスの山にて

 テリはり中のアイノミドリシジミ(かな?)
140706aino-2


 テリトリーを張るジョウザンミドリシジミ(かな?)
140706jyou-1
140706jyou-2

 以下、卍巴飛翔、メスアカミドリシジミ(かな?)
140706meaka-1
140706meaka-2
140706meaka-3
140706meaka-4
140706meaka-5
140706meaka-7
140706meaka-8
140706meaka-9
140706meaka-11

 この日は殆ど陽が射さず、天候を気にしながらの撮影であった。
結局、雨が降り出して撤退。

140706meaka-6

 2014年 梅雨の季節に 広島県にて撮影  アイノミドリシジミ、ジョウザンミドリシジミ、メスアカミドリシジミ
OLYMPUS E-M1 / ZUIKO Digital ED 300mm F2.8 , EC-14









  1. 2014/07/06(日) 19:17:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (544)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード