べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

ゴイシツバメシジミ交尾 (その1 交尾飛翔)

gotukobi-1
(交尾中のゴイシツバメシジミ、左がメス♀、右がオス♂と思われる。12:06頃)

 このたび、ゴイシツバメシジミの交尾を観察する幸運に恵まれた。
さらには、交尾飛翔も撮影出来た。
蝶の、いわゆる”交尾飛翔”、 については、その意義などが不明な点が多く、そもそも交尾中に ”自発的に” 飛翔するのかどうか?についても議論があると思われる。
画像、動画の供覧と共に、若干の知見が得られたので、考察を述べたい。

 なお、雌雄の判別については自信が無く、間違っている可能性もあるので、ご意見を賜りたい。
また、観察結果の分析、評価、判断であるが、偏った見方になっている可能性も否めない。
疑問点があれば、同好諸氏のご意見、ご批判をいただけると幸いである。
 交尾途中に於いて、このペアは静止場所を何回か変えたが、それは彼らの意思(といっていいのかどうか?)であって、私たち観察者が刺激を与えて移動させたのではない。また、他の動物等が刺激を与えたわけでもないと思う。彼らが静止していた枝や葉が揺り動かされるような強風も吹いていなかった。ただし、交尾解消の直前には、近くをトラックが走行した(もちろんゆっくり)ので、もしかすると、その刺激が交尾解消の契機となったのかもしれない。
また、静止場所を何回か変えた、と前述したが、もちろん、そのたびに飛翔したのである。低い所へ、低い所へ、落ちていったのではなく、前回の静止場所よりも高い所へ移動したこともあるので、明記しておきたい。低い所へだんだんと落ちていったのであれば、もっといい写真が撮れていますよね。
 なお、交尾の成立までについては、私は観察していない。それについては、いずれ、同行の方が報告されると思うので、そちらを参照されたい。





 2013/07/10 11時40分過ぎ、シシンランが着生しており本種の生活場となっているカシ類の大木、その(だったと思う)枯れ枝の先端にメスが飛んできた。それを追ってきたオスと、交尾が成立した。(私は、その瞬間を見ていない。)
途中、何カ所かに場所を変えたが、交尾は13:40頃まで続いた。交尾解消直後は、オスは地上に降り、メスは樹上に消えていった。(重ね重ね残念であるが私は、その瞬間も見ていない。)

GOTSUKOBI-4
この枯れ枝の上で、交尾が成立した。
(上の写真、交尾中のゴイシツバメシジミ、上がオス♂、下がメス♀と思われる。11:49頃)

 下の写真、連結飛翔後、ようやく落ち着いた葉っぱの上にて。
オスとメスの位置関係が、逆向きで、ほぼ180°になっている。
この位置関係が、彼らにとって(少なくともオスにとっては)最も安定する状態のようだ。
” 少なくともオスにとっては ” 、の意味については、後ほど、続編、”ゴイシツバメシジミ交尾 (その2 枝先の舞踏)”で述べる予定である。
GOTSUKOBI-7
(上の写真、11:54頃)

 場所は落ち着いたが、やはりメスは時々動く。それに連れて、オスも動く。
メスが葉裏に位置していることに注目(下の写真)。オスはメスの動きに抵抗している(ようだ)。
基本的に、オスは動きたくないように私は感じた。
gotukobi-2
(上の写真、交尾中のゴイシツバメシジミ、左がオス♂、右がメス♀と思われる。12:02頃)
 
gotukobi-3
(上の写真、12:31頃)


 さて、本編のメインテーマであるが、交尾が成立した枯れ枝の先端から、その次の静止場所に移るまでの連結飛翔(交尾飛翔)のごく初期部分を動画撮影出来たので、以下、それを提示したい。

 次の写真(動画からの切り出し)、上がオス♂、下がメス♀と思われる。 (11:50頃)
GOITSUKOBI-13

 次の瞬間。メスが、身体を反らし、翅を広げた。飛びたとうとしたのか否か、その意図は判らない。尾端が連結したまま、メスは空中に、その身体を投げ出した。なお、メスがオスと連結したまま、翅を広げて空中に飛び出そうとした(ただ単に暴れたのみ?)のは、これが初めてでは無い。それについては、続編、”ゴイシツバメシジミ交尾 (その2 枝先の舞踏)”で述べる予定である。
GOITSUKOBI-12

 メスの力に抗しきれず、オスも、とうとう空中に放り出された(下の写真)。左がメス、右がオス。
重ねて述べるが、このペアが空中に飛び出したのは、人や他の動物の刺激では無い。
ちなみに、観察者とこの交尾ペアとの距離であるが、下に供覧してある動画で、推測されたい。(画像はトリミングしてあるので。)35mm換算、600mmで撮影している(OLYMPUS OM-D E-M5,SIGMA 150mm Macro,TELE CONVERTER EC-20)。この距離に存在する人を彼らが意識したか否かは判らない。
少なくとも、この時点での彼らは、よほどの直接的な刺激で無い限り、反応できない状況であったと私は考えている。自分たちのことで精一杯だったと思う。
 チョウの交尾の観察では、交尾飛翔がどうのこうのと話題になることがあるが(本編もそうです。(^_^;)、基本的に、蝶が交尾中に自発的に飛翔を行うとは、考えにくいと私は思っている。よほどの理由、例えば、観察者が意図的に飛ばした、等が無ければ飛翔しないのではないかと思われる。蝶の生態図鑑、あるいは各種報文で、交尾飛翔形式、うんぬん、との記述をしばしば見かける。が、何故飛んだのか、飛んでどこへ行ったのか(下降したのか、上昇したのか)?交尾確立からどのくらいの時間経過があったのか、連結飛翔直前のオスとメスの動き、等が記述されていることはほとんど無いように思われ、その意味で、生態学的な意味が解らない。
 今回の交尾飛翔は、明らかに第三者からの刺激を受けての反応ではないと思う。ただし、自発的な飛翔であるかと言われれば、多少の疑問がある。このあたりについては、続編、”ゴイシツバメシジミ交尾 (その2 枝先の舞踏)”で述べる予定である。
GOITSUKOBI-11

 上の次の瞬間が下の写真。どっちがどっちでしょうか。
GOITSUKOBI-10

 さて、次の瞬間(下の写真)。
左がオス?
この時点で、オスが飛翔のコントロールを開始したと考えたい。
メスは飛翔の意思はなく、ただ単に動き回った(暴れた)のみで、空中に放り出された以上、どちらかが飛翔をしなければならない。あるいは、落下に身を任せるか、である。
GOITSUKOBI-9

 次の瞬間。
安定飛行(といえるかどうか?)に移行した当初。
GOITSUKOUBI-8

 動画です。



 交尾飛翔形式は、 ←♂+♀ であると思われる。
飛びたちを促したのはメスであるが、メスはぶら下がったままで、オスの力により飛翔、移動していると思われる。
単なる落下で、翅をばたつかせただけであれば、こういう軌跡は描かないはずである。飛翔の軌跡がだんだんと上向いていると思う。残念ながら、これ以降の飛翔は撮影出来なかったので、これ以降も、メスがおとなしくしていたのかどうか?本当に上昇したのかどうかは証明できない。
 この後、他の樹木の葉上に到達、しかもそこは、撮影が難しい高さであったことを明記しておきたい。

goiositubamekobihishou-1


2013/07/10 熊本県にて ゴイシツバメシジミ

 以下、
ゴイシツバメシジミ交尾 (その2 枝先の舞踏)に続く予定です。





  1. 2013/07/26(金) 23:59:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ゴイシツバメシジミ降臨(求水篇)

goitsukyuusuitop



(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





 降りてきた。

goishitsubame

 水たまりの上を飛翔するゴイシツバメシジミ

goitsu-kyuusui-1

goitsu-kyuusui-2

 湿った林道の上を飛び回る。
何処か、いいとこないかなあ。

goitsu-kyuusui-3

goitsu-kyuusui-4

goitsu-kyuusui-6

goitsu-kyuusui-77

 よっしゃ、ここがよさそう。
ここでお水吸っちゃおっと。

goitsu-kyuusui-8


 傾いた陽光をうけ、煌びやかに輝く本種。
白黒ツートンカラーの翅が、黄金色、極彩色に輝く一瞬を捉えた。

goitsu-kyuusui-9


 おまけ
小さなシジミを狙って、マクロレンズが列をなす。
右下の角で本種が吸水しています。
goitsu-kyuusui-999.png


2013年7月 熊本県にて撮影 ゴイシツバメシジミ












  1. 2013/07/25(木) 23:58:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゴイシツバメシジミ降臨(求蜜篇)

himejion-7

 仙人の如く 人目に触れない樹上で 密かに生活している彼らでも、やはり飲んだり食べたりは必要なようである。
霞だけくってる訳ではないようだ。

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





kourinn-1

kourin-2


 蜜を求めて、降臨。

himejion-1

himejion-4

himejion-6


 以前より、ネジバナと蝶(種はなんでもよい)のツーショットを撮影したいと思っていたのであるが、まさか、実現するとは思わなかった。
nijibana-2


2013年7月 熊本県にて撮影 ゴイシツバメシジミ

 以下、ゴイシツバメシジミ降臨(求水篇)
に続く予定です。















  1. 2013/07/24(水) 20:14:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

羽化不全の美

ukafuzenn-1

 水に反射し きらめく 太陽光 
 蝶の翅で 遊ぶ 太陽光 

 どちらが より 煌びやかなのか?

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)






 はじめて出会った本種は、前翅が本来の平面に伸びきっていない個体であった。
いわゆる羽化不全、軽微の羽化不全であろうか。
冒頭の写真の如く、前翅が波打っている。

 下の写真、本個体の右側面観。
前翅の先端部分は内側に湾曲している。
GOISITUBAME-MIGI

 本個体の左側面観。
やはり前翅に湾曲があり、本来の平面ではない。
割と鮮度の良さそうな個体であるが、これでは図鑑的な写真はとれない。
が、面白い写真は撮れそうだ。
GOISITUBAME-HIDARI

 下の写真、意図的に不全の部分(本来の形態ではない部分)を強調させた写真。
青く発色している。
後翅の平面部分も青く発色している。
 私が感じた 本種の最初のインプレッション。
翅に色がつけやすい!これは面白い!

GOISITUBAME-KYUUSUI3

 ということで、ひたすら彼に色を求めた。
下の写真、後翅の縁毛は青く発色。前翅後ろ半分は虹色に、不全部分は青に発色している。
右前翅縁毛が、湾曲している部分と本来の部分で違う発色をしてくれた。
形態に問題がある個体であればこその写真が撮れた。
GOISITUBAME-KYUUSUI4

 そしてポンピング。
GOISITUBAME-KYUUSUI5

 次の写真。
これもポンピング、尾端に水滴がついているところ。
左側前翅の縁毛部分は、右側ほどの湾曲はないので、一様に赤っぽく発色している。
GOISITUBAME-KYUUSUI6

 本個体はかなり長時間吸水していたが、じっとしているのではなく、向きを変えたり、歩いたり、ちょこちょこ動いていた。
下の写真、狙っていた千載一遇のチャンス。尾端をあげた状態での吸水。ポンピングであれば、水滴が尾端から離れて空中にある状態を撮影したい。
が、上手く撮れなかった。シャッタースピードが1/200秒でした。これでは止まらない。背景が黒であればよかったのであるが。
大きく拡大すると、もしかすると水滴?(私はこれを水滴と思っている)と思われる物が真ん中の赤矢印部分に写っている。ただし、前後の写真と比べてみて、意図的にそう思わなければわからない程度の写りである(二回クリックで拡大出来ます)。残念。
GOISITUBAME-KYUUSUI7

 もう一つ撮りたかったのは、光る水滴。太陽で輝く水滴。尾端についた水滴に太陽を撮し込みたかった。
残念ながら、撮影出来無かった。
GOISITUBAME-KYUUSUI8
 下の写真、
石の上に溜まった水溜まり、本個体の排出した水であるが、そこに太陽を撮し込めた(つもり)。
これも、拡大しないとわかりません。自己満足の世界です。太陽が写っているのがお分かりいただけるでしょうか?上の写真と比べてみて下さい。
いずれ、もっと凄いのを撮影したい。
因みに、この石の上に写っている水分はすべて、彼が排出した水分、ポンピングの結果出来た水溜まりである。身体の大きさから考えると、かなりの多量の水分を摂取、排出しているようだ。もちろん、これがすべてではなく、このポンピングの間に排出した水分のうちの、ごく一部である。
GOISITUBAME-KYUUSUI9




 本種は1カ所、後翅第2室亜外縁に橙色っぽいワンポイントがあるが(下の写真、うまく写っていない。今回、私はこれをクリアに撮影出来なかったのが心残りである。)、それ以外は、いわゆるツートンカラーの蝶である。
だが、光を絡めることでかなり色彩と遊べるようである。縁毛は青や赤に容易に発色し、コツバメよりも発色しやすいという印象を持った。

 水に反射し きらめく 太陽光 
 蝶の翅で 遊ぶ 太陽光 
 炎天下、光を意識した撮影を楽しめた。

 GOISITUBAME-KYUUSUI999

 シジミ類は一般に頭部の大部分を眼が占めており、これが彼らの可愛らしさを際立たせている。
本種の場合、眼の直下に目立つ黒い部分が有り、長細く見える効果を演出している。なんでこんなデザインなのか、面白い。

 本種に限らず、翅に形態的に異常がある個体、あるいは、後天的に脚や翅の一部を失った個体、もっと言えば、羽化からかなり時間が経過し表層の鱗粉をかなり失い、翅もぼろぼろになった個体に遭遇するのは、ごく普通のことである。
彼らの写真撮影はなかなか面白く、形態に問題が無く羽化から時間があまり経過していない個体、所謂完品の個体とは違った魅力、美しさ、あるいは躍動感、生命力などを感じることがある。蝶の写真撮影は面白い。
今回は、翅の問題がある部分に光を絡めて楽しめた。


2013年7月 熊本県にて撮影 ゴイシツバメシジミ


以下、
訪花、吸蜜、
極彩色に輝く翅、
単独飛翔、
そして、交尾、交尾飛翔 などについて、掲載の予定です。









  1. 2013/07/23(火) 22:06:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

暑中お見舞い申し上げます



OOURAGIN13-1

2013年7月 九州にて撮影 オオウラギンヒョウモン










  1. 2013/07/22(月) 21:51:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロヒカゲモドキ 2013 その1

kuromo130721-1

2013/07/21 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)














  1. 2013/07/21(日) 22:41:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

樹上生活者

 このたび、九州にてゴイシツバメシジミの撮影という、幸運でエキサイティングな機会を得た。
同行していただいた3人には、日頃からお世話になっているのであるが、今回も非常にお世話になった。
何回か撮影のチャンスがあったのであるが、そのほとんどは私が第一発見者ではない。
いるところを教えてもらって、おもむろに撮らせていただいたのであった。
撮影の機会を頂き、さらにはよい撮影ポジションを譲っていただき、大変感謝しています。
そもそも、このポイント自体、初めての者が突然行ってすんなりと発見できるような所ではない。
その山へ行けば、管理員さんや観察者がいるから場所はすぐ特定できるだろう、と言ってしまえばそれまでなのであるが、何の予備知識もないまま、あるいは管理員さんや他の観察者がいなければ、ピンポイントでの場所の特定は無理だと思う。
 今回、本種の撮影がそれなりに可能であった(うまく撮れたか否かは別として)のは、ピンポイント情報をご教示いただいた方のおかげである。深く感謝いたします。
また、現地では本種の生態やいろいろな情報を、宿泊したホテルの支配人さん、保護管理員の方々、ゴイシツバメシジミの郷を守る会の関係者の皆様にご教示いただいた。単に撮影のみならず、有意義な時間が過ごせたと思う。
 本種の写真を掲載するにあたり、お世話になった皆様に感謝申し上げます。

 さて、彼らは、基本、樹上生活者である。(図鑑にはそう記してある。)
しかるに、簡単には撮影出来ないはずである。
ただ、彼らもずっと樹上にいるわけではなく、時々、地表に飛来してくる。吸水、吸蜜などのために。
 このたび、本種の撮影に出かけるにあたり、二つのシーンを想定していた。
一つは、樹上にいる彼らの撮影。もう一つは、地表に舞い降りてきた彼らの撮影。

 まずは、樹上にいる彼らの写真から、掲載したい。
ピンぼけ、ブレ、等のため、うまく写真は撮れていないが、どうにか撮っています。
次の機会があれば、三脚と長玉を持参したい。

 この空間に、いったい何頭生息しているのだろうか?
(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)
130710-1

 陽が当たってくると、彼らは飛び出す。小さなシジミの仲間がそうであるように。

130710-2

 何処にいるか解りますか?

130710-5


 下の写真、テリトリーを張っていると思われる個体。

130710-3

 飛びたった 
130710-7

130710-4

 時々、二頭が絡んでいたのであるが、その写真は撮れなかった。
下の写真、かろうじて一頭が画角の右隅に写っていた。
次の機会があれば、二頭のオスの絡み飛翔を撮影したい。(交尾飛翔に関しては後ほど記載する予定です。)
130710-6

 静止場所(テリトリーポイント?)は、殆どの場合、陽が当たる場所であった。

130710-11

 最後の写真、活動期としては珍しく、陽の当たっていないところにとまった。
やはり翅を半開翅している。この姿勢が、彼らのテリはり体勢なのだろうか。
130710-8

2013年7月 熊本県にて撮影 ゴイシツバメシジミ

 以下、 羽化不全の美  に続きます。










  1. 2013/07/12(金) 22:50:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (500)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード