べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

アサギマダラ 2012.7

asagimadara1207-2

 あれは、もう二十年以上前になるだろうか?
雄大さ、大自然のスケールの大きさ、自分自身のちっぽけさ、
たった一頭の、小さな蝶で、それを感じた。

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





 初めて出会った時の想い出、初めてネットインした時の感動、初めてシャッターを切った時のあの一瞬、
いろんな種で、いろんな出会いが記憶として残っている。

 ドイツ箱に並んでいるきらびやかな ”物” よりも、ネットインした時のあの時の手応え。
ブログに掲載している素晴らしい ”写真” よりも、あの時感じた空気感。

 なぜ蝶を追うのか?
標本や写真を増やすことよりも、その瞬間の感動を脳裏に焼き付けるためではないだろうか?
蝶を追っている人にとって、それは大切な財産ではないだろうか?

 標本や写真は時と共に色褪せていく。どんなに厳密に管理しても、いずれ色褪せていく。
もっといい物が、もっと珍しい物が、もっといい写真が撮れるはずだから。
どこかで誰かが、もっと珍しい蝶を、もっと綺麗な写真を撮っているはずだから。

 でも、記憶は時と共にますます鮮やかに蘇ってくる。
あの時、あの場所で感じたネットインの瞬間の手応え、シャッターを切った瞬間の指先の震え、
これは形としては残されていないが、記憶として脳裏に鮮やかに刻印されている。
それを増やすために蝶を追っているのではないだろうか?


asagimadara1207-1

asagimadara1207-4

asagimadara1207-6

 何を目的に、何をするために、その峠にいたのか、今となっては記憶にない。
そこにいた、ということは、たぶん、ゼフィルスの採卵目的だったのではないかと思う。
 県境の景色の良い峠であった。遙か彼方に日本海が見える。
そこに佇んでいると、海や、山や、その他諸々が、自分よりも低く存在するように錯覚をおこす。
すべてを見下ろすようになるからである。自分が最も大きく、最も高い位置にあると錯覚を起こす。 

 その時、はるか下の谷底から、下界から、あるものが、ゆっくりと浮上しつつあるのに気がついた。
最初、それは紙切れが、上昇気流にのっているのであろうと思われた。

 まったく、微動だにしない紙切れ、ただ単に、風にのって、浮上しつつある。
それがだんだん私の方へ向かってきた。上昇してきた。
次第に速度が上がってきた。
 私の眼前を通過する瞬間、それが蝶であるとやっと気がついた。

アサギマダラ
 
 それが私を見下ろす位置まで上昇したとき、僅かに羽ばたいた。
それを合図に、はっと、私は我に返った。

 それは、一瞬の出来事で、一瞬の夢のような体験であった。
その紙切れを前に、私は微動だに出来なかったのである。
その蝶の僅かな羽ばたきがなかったら、私はしばらくその場に縛り付けられていたかもしれない。

 あれは、もう二十年以上前になるだろうか?
雄大さ、大自然のスケールの大きさ、自分自身のちっぽけさ、
たった一頭の、小さな蝶で、それを感じたのであった。


asagimadara1207-3

2012年7月 広島県にて撮影 アサギマダラ












  1. 2012/07/28(土) 23:45:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

120726 クロヒカゲモドキ回転飛翔 

KUROMO120726-1

 クロヒカゲモドキの回転飛翔
どうにか少しかすった。
今年の目標の一つなのである。

まだまだ満足できるレベルではないが、少しは食いつけたかな。

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)






KUROMO120726-2

KUROMO120726-3

KUROMO120726-4


2012/07/26 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ









  1. 2012/07/26(木) 21:05:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハヤシミドリシジミ卍巴飛翔

hayashi1207-1

 傾いた陽を背に 卍巴飛翔を披露する

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





 カシワの大木、上の方で卍巴飛翔が始まった。
下降してくるよう、天に祈る。
その時に備え、カメラを手に、固唾をのんで待ち構える。

 わずかなシャッターチャンスを求めて ここまで来た。

その一瞬に、シャッターを切る。
連写音が心地よい。

 撮れただろうか?
鋭い視線が、美しい躍動感が、そして彼らの緊張感が。

以下、卍巴飛翔10連発

hayashi1207-2

hayashi1207-3

hayashi1207-4

hayasi1207-tuiak

hayashi1207-5

hayashi1207-6

カシワの大木の下で卍巴飛翔
hayashi1207-7

hayashi1207-8

hayashi1207-9

傾いた陽を背に 卍巴飛翔を披露する
hayashi1207-10

2012年7月 広島県にて撮影 ハヤシミドリシジミ










  1. 2012/07/25(水) 23:11:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

120722 僅かなる希望

KUROMO120722-1


 来年こそは、オスの四つ眼をものにしたい。
もちろん、飛び姿で。
 明瞭な四っつめの眼を持つ本種が、赤く染まった空を背景に翅を広げている瞬間を撮し込みたい。
紫藍色環が妖しく輝いていれば申し分ない。究極のLetheである。
かなりの強運が必要だが、不可能ではなさそうだ。

 これは、昨年度の記事  四つ眼を求めて での一節である。


(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)







 もちろん、前節でいう ”来年”、とは、今年のことである。待ちに待った新しいシーズンに突入したのである。
そして、出かけたのである。お気に入りのポイントに。
クロヒカゲモドキは、当然いる。
問題は、四つ眼である。
そして、天候である。
そして、運である。
ウルトラ強運が必要なのである。

 そして、やっぱり今日はだめだった。
でも、僅かなる希望が見いだせたのであった。

この個体、左側、完全ではないが、第四の眼状紋のほのかな出現をみる。

KUROMO120722-2

2012/07/22 広島県にて撮影 クロヒカゲモドキ



















  1. 2012/07/22(日) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

120716 雲の中で

kumo120716

 行くべきか行かざるべきか?
それが問題だ。
雲かぶってるぞ。
ここまで来た以上は、行かざるを得ない。
雨降ってたら、車中で寝てればいいし。睡眠不足ぎみなので。

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)





 やっぱり雨が降っていた。ただ、わずかの霧雨、といったところか。
フロントウインドーに、小さな水滴がぽつぽつとついてくる程度。ウインカーをたまに動かす程度。
降ったりやんだり。
これなら、飛んでくれるかもしれない。

 しばし待つ。
そして、待望の瞬間が。
霧雨に霞む背景。くるくる回転する小さな黒っぽい蝶。
高感度とストロボ頼りの撮影。

aino120716-1

 これで朝日が差してくれれば、最高のロケーションなのであるが、それは今日は高望みというもの。
カメラの濡れを気にするほどの雨さえ降ってくれなければ、とおもいつつ撮影のチャンスを待つ。

aino120716-2

aino120716-3

jyouzan120716-1

jyouzan120716-2

 例年、この時期にこの山に来る。
今期の撮影のチャンスはこれで終わった。
またうまく撮れなかった。
来年こそは、と例年思うのである。
いつか、彼らのメタリックグリーン、メタリックブルーを写し込みたい。できれば、青空の下で。

120716-last

2012/07/16 広島県にて撮影 アイノミドリシジミ、ジョウザンミドリシジミ(たぶん)










  1. 2012/07/16(月) 17:54:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

120712 卍巴飛翔

hayasi120712-1

身体はあっちを向いているが、視線はお互いをみている、
そういう瞬間を撮りたいと思っていたのである。
たまたまそういうのが写っていた、が、ピント甘い。

あと何枚か、また後ほどアップします。
蝶の飛び姿、躍動感にあふれているのは、やはり卍巴飛翔。

(写真はクリックで拡大されます。大画面でおもいっきりブラウザーを広げていなければ、もう一回クリックで更に拡大されます。ノイズ、ピント、ブレなどの諸問題も拡大されますが、雰囲気などは分かりやすいです。)

2012/07/12 広島県にて撮影 ハヤシミドリシジミ











  1. 2012/07/12(木) 20:01:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (507)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード