べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

100812 クロヒカゲモドキ 卍巴飛翔 その2

1008112-1

まわる、まわる。
肉眼で追うのは無理。
ということで、ハイスピードムービーで見たかったのである。

なぜ?何故回るの?
どっちがしかけるの?どっちが止めるの?
目が回らないのかなあ?




 クロヒカゲモドキの占有行動(と言っていいのかどうか分かりませんが)の記録です。
追飛、卍巴飛翔が、短時間ですが、記録されています。
運良く、追飛が始まるところから、卍巴飛翔の開始、その終わりまでハイスピードムービーにて撮影できました。


2010/08/12 広島県にて撮影。


 一つの卍巴飛翔の開始と終わりをハイスピードムービーで記録したものはほとんど見かけません。
占有個体、飛来個体、どちらの個体が卍を誘発するのか、どちらが終わらせるのか、興味を持っていたのですが、ご覧の通りです。予想通り、といってしまえばそれまでですが。

 卍巴飛翔の意義、生態的役割などについては様々な論者がいろいろと記述しているようですが、いまだ確定的なものは出ていないと思われます。ムービーをみながらあれこれと空想するのも面白いと思います。

 私の観察では、クロヒカゲモドキの卍巴飛翔は、追飛の初期に起こりやすい様です。
卍が解消されても、その後追飛が延々と続きます。
比較的直線的に、林縁の空間を行ったり来たり、おっかけっこすることが多いようです。
直線的に追飛すると、結果的に隣の個体の占有域に入り込むことがあり、三つ巴の追飛が起こることもあります。かなりのスピードです。ある程度追飛が続いた後の、卍巴飛翔の発生は、ほとんど無いように見受けられます。

 一つ疑問に思っていることがあります。
追飛の途中で、なぜか 追いかけ役と、追いかけられ役が、交代することがあるようです。
これは、肉眼ではたぶん判別が難しいと思います。ハイスピードムービーで撮影して初めて証明できることであると思います。その瞬間のムービーもいくつか撮影していますので、いずれアップする予定です。
この交代がどのような仕組みで起こるのか、興味を持っています。

 何故なんでしょうか?

             









  1. 2010/08/12(木) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (506)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード