べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

091012 海辺にて



 今日は、とある海辺にて、蝶を追った。
目的の蝶もあったのであるが、普通種を十分堪能した一日であった。

ヤマトシジミ、ルリシジミ、(ヤクシマルリシジミに訂正いたします。)そして、ウラナミシジミを堪能できた。

 偶然ではあるが、ウラナミシジミが、空中で180度方向転換するシーンも、ハイスピードムービーで撮れた。(上の動画、CASIO EXILIM EX-F1、1200fps)
 吸水中の個体を、指で突いて飛ばせた。
あまり遠くに行きたくなかったのか、一応飛びたったのであるが、すぐ戻ってきたのである。左右の翅の動きが面白い。
なるほど、こうやって方向転換するのか。




(すべての写真は、クリックで大きくなります。)

 まずは、超普通種のヤマトシジミから。
翅表の青をうまく出したかった。
青が浮いて撮れた。
こういう場合は、いつもと違って、被写界深度がもっと深いと嬉しいと思う。
まあ、二兎は追えない。

yamato091012-1

 下写真、本日の一番のお気に入り。
風雪に耐え、飛び古したヤマトシジミの♀。
雪というのは無いが、海風には充分あたったであろう。
飛び古した翅に、陽が優しくあたり、赤、緑、紫などが発色している。

yamato091012-2

 産卵。 
海岸の岩の間に生えているカタバミへ。
既に産付されている卵も認められる。

yamato091012-3

 次、右側の翅にやや問題がある個体。飛翔には問題なさそうだった。

yamato091012-4

 ルリシジミ、♀
ヤクシマルリシジミではないか?っていう指摘を頂いております。
そういわれればそうかな?って思ってきました。
皆様のご意見を頂けると幸です。

10/16 訂正。たぶん、ヤクシマルリシジミではないか、と思われますので、訂正させていただきます。大変申し訳ありませんでした。間違ってしまったけど、新産地発見です。(私的に))

ruri091012-1

 産卵

ruri091012-2



 次は、ウラナミシジミ
今日はウラナミシジミを堪能した。

カニの死骸にとまって、口吻を伸ばす。
波打ち際からかなり離れた潮だまりにて。
以下5枚の写真、同じ個体です。

uranami091012-1

岩で口吻を伸ばす。

uranami091012-2

uranami091012-3

 吸水の合間に、一度だけ、少し翅を開いてくれた。
本種の繊細な毛を撮影したいと、前々から思っていたのだが。
とりあえずある程度撮れた。
もっとひろげてくれないかなあ。

uranami091012-4

 吸水中、ハイスピードムービーを撮影するため飛びたたせようと指で突いたら、なぜか指にのってきた。
 空と海の青を背景に記念撮影。

uranami091012-7

 飛びたちのハイスピードムービー、1200fps



 隣の岩へジャンプ。
前脚、後脚をまず動かして、準備運動
たぶん、脚のバネで飛びたっていると思う。その後、翅を開閉。
1200fpsなので、かなりのスピードで脚を動かしている。



 下、訪花。

uranami091012-6

 光のあたり具合で、微妙に翅の表情が変わって楽しい。

uranami091012-5


 交尾。
♂が、交尾器をしきりに動かしていた。
一対のかぎ爪?みたいなところ。valva?把握器?
上下の写真を見比べると、よくわかります。
(すべての写真はクリックで拡大されます。)
なるほど、こうやってくっついているのか?

uranami091012-8
uranami091012-9


 次は、普通のムービー。ハイスピードムービーではありません。
♀が、結合部をしきりに気にして(?)脚で触っている。
ムービーをよく見るとわかります。

なぜ?どういう意味がある?
かつて、ツマグロヒョウモンで、やはり♀が、結合部を脚で蹴って、結合を解こうとしていた(と私には見えた)連続写真を撮影したことがあるが、今回も、もしかしていやがってる?のかな。わからないけど。




 ウラギンシジミ、吸水
波打ち際まで、すぐそこ。波しぶきがカメラにかからないよう、祈りながら撮影しました。
つまり、海水を吸っている。

uragin091012





 最後、本日のメインイベントになるはずだった種。
わずかワンシーンのみのシャッターチャンス。
満足に写ってないが、とりあえず、撮れて完敗は避けた。

 崖の下から、それらしき姿を確認。
ある程度降りてきたところで、今度は私が登っていった。

これ以上は近づけず、これ以外の撮影角度も得られず。
岩にへばりついていたので(私が)、思うようなアングルなどとてもとても。
崖から落ちないよう気をつけながら。

kurotu091012










  1. 2009/10/12(月) 23:26:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

091004 黄と青と赤

091004-1

 先日と同じポイントへ、今日も出かけた。




 まずは、ツマグロキチョウ。
冒頭の写真。他の個体と比べて、ずいぶん赤っぽいな、と思った。
下二枚。同個体の、吸密。
順光と逆光。
順光の方が、翅などの質感、立体感が分かりやすいが、雰囲気は、逆光の方が、私の好み。
逆光では、赤味が無くなってしまう。

091004-2

091004-3

 下写真二枚。上とは違う個体。
時々、口吻に異常がある個体に遭遇するが、この個体は、どうもストローがうまく格納できないのかもしれないと思った。
初めて見つけたときは、上の写真の程度に巻いていた。
 何回か、小さく丸めていくのであるが、二枚目の写真以上には、格納できない?様だった。
形態的には大きな異常はなさそうなんだけど。ただ遊んでいただけかな?

091004-4

091004-5

 下、キチョウ。
ツマグロキチョウとは、触角の色が違う。脚にはワンポイントの黒もあるぞ。
どっちがおしゃれかなあ。

091004-6

 下の写真、ぶれているのだが、ストローに光の七色がまとわりついて、綺麗。
こういう写り方もあるのだと、怪我の功名である。新たな発見。
(写真を拡大するとよくわかります。すべての写真は、クリックで拡大できます。)

091004-7

 今日は、少ないながらも、モンキチョウにも出会えた。
ハイスピードムービーは、残念ながら、うまく撮影できなかった。
次回の宿題である。
キチョウ、ツマグロキチョウとは、質感が違う。飛翔のスケールも違う。

091004-8

 
 さて、先日、某ブログにて、メスグロヒョウモン(メス)の翅表に、かなりの青がのった写真を拝見した。
メスグロヒョウモンに強烈な青が出るのを知らなかったので、いつか撮影の機会が欲しいと思っていた。
 今日、運良く、メスグロヒョウモン、♀に遭遇。
早速、青を求めて撮影開始。

うーん、ちょっと青いかな、といった程度。
なかなか思うような青が出てくれなかった。
残念。

091004-9

 翅裏。結構渋く、複雑な色をしている。
青味がかってる、といえなくもないか。
触角が、透明感のある黄色で綺麗。先っぽは、赤っぽい。

091004-10

 下、翅を透かしてみた。やはり触角が綺麗で目立つ。

091004-11

 樹木へ、産卵行動?
1.5mくらいの高さのところへ。
産卵したか否かは、確認していない。

091004-12

 林の中に入っていくと、クロコノマチョウに遭遇。

091004-13

 クロコノマチョウ、飛びたちのハイスピードムービーです。(600fps)




今日は、交尾、二つに出会った。

ヤマトシジミ

091004-14

 ベニシジミ

091004-15

 下二枚、ベニシジミのアップの写真。
光の加減を変えて。

091004-16

091004-17

 最後、ベニシジミの、飛びたちのハイスピードムービー、1200fps。
後半が、フレームからずれてしまったが、飛びたちの雰囲気がわかると思う。
うまく飛行方向を変えている様だ。



おまけ
蝶のブルーには縁が無かったが、最後に思いっきりブルーに出会った。

ooseibou091004






  1. 2009/10/04(日) 19:40:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

091001 黄色い蝶と遊ぶ

091001-4

このところ、小雨であるが、天気がぐずついている。
東京からテーマが与えられていることもあり、今日は是非、蝶の撮影に行きたかった。
CASIO EXILIM EX-F1でのハイスピードムービーを撮影したくって、うずうずしているっていうこともあるが。
 午前中、今にも雨が降り出しそうな気配であったが、降水確率20%を信じて、出かけたのである。とりあえず、近場に。

 今日の目的は、黄色い蝶。





まずは、キチョウ。

訪花。前翅裏面に褐色のワンポイントが明瞭に出た個体。
今日は、このワンポイントは、この個体のみであった。
(すべての写真は、クリックで拡大されます。)

091001-1

 下、CASIO EXILIM EX-F1によるハイスピードムービー、600fps.
腹部を上に反った感じで飛翔しているのがわかる。翅を打ち下ろすときに、ブレーキがかかっちゃう様だ。
先日撮ったセセリの飛翔とは、全く趣が違う。
4分程度あります。暇なときにどうぞ。
二頭の絡み(少し意識して飛翔した程度)が二回。二回目は、その直前に、どうも小さい飛翔している虫を意識している様だ。
 途中、着地(草の上に)がワンシーンあるが、前のめりにつんのめった感じで、あまり上手な着地といえないなあ。すぐさま飛びたつが、上体を早めに起こしたいようだ。



 下、交尾

091001-2

交尾個体の飛翔。(600fps)
重たいよう、助けてー、といってるかどうか?
渾身の力を振り絞って、どうにか飛んでいる、ってかんじかな。




 次は、吸水
しめった地面に集まっていた。

091001-3

 キチョウ、吸水からの飛びたち、のハイスピードムービー(600fps)
やはり、腹部を上に反らしているのがわかる。




 以下、ツマグロキチョウ
キチョウと、ツマグロキチョウが混飛していた。
どっちが少ない、多いではなく、同じくらいの数が飛んでいた。
こういう場合、あてっこクイズをすると面白い。あっちで飛んでるのは、キチョウ。
こっちはツマグロキチョウ。あっと、ツマが黒くないツマグロキチョウ???それともキチョウ?
大きさなど雰囲気で何となく識別できるが、時々間違う。

葉裏に、ゆっくりと静止している姿が散見された。

091001-5

091001-6

 訪花も、少ないながら、観察できた。
下、秋らしいショット。

091001-7

 ツマグロキチョウのハイスピードムービー(600fps)
訪花した個体に、別個体がちょっかいを出している。
雌雄の区別がつきません。教えていただけると幸いです。
また、あとから来た個体は、たぶんツマグロキチョウだと思うのだが、ツマが、黒くない。
ツマグロキチョウ?かな?




 下のムービー、先ほどの、ツマが、黒くない個体(ツマグロキチョウ?かな?)の飛翔と、他の個体との空中戦。(600fps)




1200fpsでの、飛びたちのハイスピードムービー
まずはキチョウ
いったん、後ろに飛び、すぐさま、上体を起こしていく。アクロバットだなあ。



 次は、ツマグロキチョウ





 黄色を堪能した一日でした。
おっと、モンキチョウがいないぞ。これは宿題となった。
たぶん、本日の二種とは、趣が違う飛翔であると思う。












  1. 2009/10/01(木) 22:23:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (507)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード