べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

090730クロヒカゲモドキ

090730-1

 今日は久しぶりに、木曜日に雨が降らなかった。どこに行こうか悩んだのであるが、近場に、クロヒカゲモドキを求めてきたのである。予想通り、困難を極めた撮影で、露出不足と障害物に悩まされた一日であった。上の写真の如く。





 日本産蝶類の中で、一番美しいのはどれ?
 一番大きいのはどれ?一番飛ぶスピードが速いのはどれ?一番長生きするのはどれ?

 いろいろな質問があげられるが、有る程度蝶に詳しい方であれば、上述のどの質問にも、悩みながらも、答えをあげるだろう。正解かどうかは別にして。

 さて、日本産蝶類のなかで、一番、賢いのはどれ?

 私は迷わず、クロヒカゲモドキをあげる。
もちろん、全ての蝶とつきあったわけではないので、もっと賢いのがいるかもしれないが、私が今までに出会った蝶の中では、別格なのである。

 
 私が初めて本種に出会ったのは、広島県西部の、とある山の頂上付近であった。
林の中の道を、今までみたことがない蝶が飛んでいたのである。

 それまで本種には出会ったことがなかったので、いったいどのような蝶か、どのように飛ぶのか、どんな状況で出会えるのか、知識を持っていなかった。
 今から考えると、おそらく夕方で、本種が縄張りを張っていたのであろうと思う。結構なスピードで飛翔していたのである。

 ぴんときた。これが、図鑑でみたクロヒカゲモドキではないか、と。
これで初ネットが一種類増えるぞ。
喜び勇んで、捕まえようと取り掛かったその時である。
彼は、絶対にネットインされない安全な場所にとまったのである。
 
 逃げたのではない。私をおちょくったのである。

 なんと、彼は、私の構えている竿に留まったのである。
絶対にネットインできない。
その時初めて、彼の翅模様を見た。前翅裏面、大きな目玉模様が三つ。やはりクロヒカゲモドキに違いない。初めて見る蝶だ。
 彼の眼をみた。勝ち誇ったような視線。蝶の眼に知性を感じたのである。
こんちきしょう、絶対に捕ってやる。
 でも、どうやって、捕まえる?

 しばし時間が止まった。
私の頭の中は半分パニック、半分冷静に動いていた。
竿をすばやく、くるっと回転させよう。たぶん、彼はそのとき飛びたつ、もしくは空中になげだされるはずだ。彼が竿から離れた瞬間、大急ぎで竿を引かなければならない。ネットが彼の位置にくるように。そして、空中に投げ出された彼をネットの中に捕らえ、大急ぎでネットを捻って出れないようにしよう。後は、三角缶、展翅板、標本箱へ一直線。
 これで一種類増えるはずだ。

 チョウと、ヒトの智恵比べ。
愚か者めが。竿に留まったら絶対にネットインされないと思ったのであろうが、残念でした。私の超絶テクで、一瞬のうちに捕らえてやる。ヒトをおちょくったことを後悔させてやる。私のネット裁きをご覧じろ。うまくネットインできれば私のプライドは保たれる。そうでなければ?

 結果は、今回は記さない。

 いずれにせよ、この蝶はそれ以来、私にとって、特別な存在となったのである。


 時は流れ、今日に至る。
今日のポイントは、前述の場所とは異なる。
相手も異なる。彼が今まで生きているとは考えられない。

 今日は絶対に、素晴らしい写真を撮ってやる。私の超絶テクをご覧じろ。
 ということで、勇んで出かけたのである。が、結果は、いまいち。
今日もおちょくられた。彼には歯が立たないのである。

 樹液が出ている木を見つければラッキーなんだが、今日行ったポイントは、そのような木はない。3年くらい前まで樹液が出ていた集客力のある木は、今や枯れてしまって、閑散としている。
 こうなれば、薄暗い林の中をひたすら、彷徨うしかないのである。彼を求めて。
 
 時々出会う。足下から飛びたつ。昼間なので、フワフワと飛んでくれる。でも、道無き林の中、藪の中。追っかける。初めの頃は蜘蛛の巣を避けていたが、そのうち、そんなのかまってられなくなる。顔にへばりつく。何かのトゲが刺さって痛い。数メートル先に留まってくれるのだが、そこまで行くのが大変。やっと近くに到着。カメラを構えたその瞬間、また飛びたってしまう。数メートル先に留まる。そこまで行くのが大変。蜘蛛の巣と藪をかきわけ、やっとの思いで到着。カメラを構えたその瞬間、また飛びたってしまう。数メートル先に留まる。そこまで行くのが大変。蜘蛛の巣と藪をかきわけ、やっとの思いで到着。カメラを構えたその瞬間、また飛びたってしまう。
 無限ループが繰り返される。
ふと思ったのである。
こいつ、いつも、カメラを構えた瞬間に飛びたっているのではないか?
カメラを構えた、ということを、認識している。
 やはり知性を感じるのである。
最後の最後にあざ笑うかのように高所に飛んでいってしまうのを見送りながら、その思いは強くなった。
 また負けた。


 下写真、比較的障害物が少なく、どうにか撮れた一枚。
アリさんが気になった。邪魔しないでよ、と祈りながら撮影したのであった。

090730-2





  1. 2009/07/30(木) 21:58:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

090719ギンイチモンジセセリ

090719-1

 先日は、青を求めて、高速に乗って遠征したのであるが、本日は、歩いていける近場に、橙を求めてきたのである。



 数あるセセリチョウの中で、もっともフォトジェニックな種は、どれであろうか?
私は、ギンイチモンジセセリを推挙したい。

構造、色彩が単純で、しかもワンポイントもついている。
春型と夏型で、模様がやや違うという点も見逃せない。
へなへな飛んで、人が歩くスピードで追っかけられるという点もよい。
遠くに飛んで逃げることがないので、じっくりとモデルになってもらえるのである。
他のセセリはとても敏感、迅速で、飛んでいったら、もう遙か彼方、どこに行ったかわからないのである。

 四日前に、犬の散歩の時、草むらをちらちら飛ぶ本種を見つけていた。
そろそろ、メスが出ていないかなと思って、カメラ持参でやってきたのである。
 葉っぱ越しに微かに透けて見える、脚先がかわいい。(下写真。すべての写真は、クリックで拡大できます。)

090719-2

 この種(に限らず、セセリ)は、なんとなく微笑んでいるように見えるのである。
そのように見えませんか?ちなみに、角度によっては、いろんな表情にみえます。(リンク有ります。)


 ん?ちょっとかわったギンイチモンジセセリに出会った。(下写真)
ストローが、曲がってる。格納できないようだ。

090719-3

拡大
090719-4

しばらく付き合ってもらったが、やはり、ストローはずっと出たままであった。
大丈夫かな?

090719-5


比較的綺麗なメス(下写真)。

090719-6

 下のオスは、くすんだ感じ。飛び古した、ってこともある。
腹部の大きさがまるっきり違う。メスはドテッ、オスはヒョロン。
下3枚の写真、同じ個体です。

090719-7

 前翅前縁、近位(基部というべきか?)が、橙に輝いている。
これがギンイチモンジセセリのワンポイント。
前方向(下写真)、もしくは上方向からの写真(本日の一番最初の写真)だと、うまく発色してくれるようだ。

090719-13

吸蜜。ヒメジョオンも咲いていたが、こっちの方がお気に入りのようだった。

090719-9

 オスとメスの違いが写真に撮りたいと思っていたら、好運なことに、交尾個体に遭遇できた。色合い、大きさの違いがよくわかります。

090719-10

 本種で撮りたいのは、3色。
まず下写真で2色。黒と橙。
ビロードのような黒い翅表、前縁の橙、を表現したかったのだが。
黒の表現は難しい。
090719-11

私が本種で一番好きなイメージ。
光にかがやく軟かい毛。白。
人で言えば、口先から、胸にかけての軟かい毛が、陽に輝く様。
今日は曇天だったんで、撮れるかどうか不安だったが、少し晴れ間がのぞいたときに、うまく撮れた。

090719-12

 


  1. 2009/07/19(日) 16:01:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

090716ゼフィルスを求めて その2

090716-1
(今日は脚フェチしてみました。脚のブルーを求めて、遠征してきました。)

 
 このところ雨が多く、私が休みの日は、天気がいまいちである。
土砂降りなら綺麗に諦めるのであるが、中途半端な天気の悪さは、どうしようか迷うのである。蝶撮にいこうかどうか。
昨晩、天気予報を調べたら、どうも今日は一日、小雨の予想であった。
撮りたい種類がいたのであるが、実はある意味、小雨はラッキーかな、と思い、その種を求めて、高速道路に乗ったのである。

 基本は曇天と小雨。時々、まあまあの雨。
小雨の中、長竿でぺしぺししていくのである。
雨脚が強くなると、カメラをリュックにしまい、傘をさす。
傘をさしながら長竿を振りまわす様は、我ながら、いったい何をしているんだろう、と思ってしまうのである。
 小雨の時は、降りてくれる確率が高くなると私は信じているのである。
土砂降りの時はどうか、私は知らない。
さすがに、土砂降りの時にビーティングしたことはないのである。その意味もないと思うが。
 雨降りの時の欠点。
 1 濡れる(服)
 2 カメラが濡れないように注意が必要(衣服より、こっちが気になる)
 3 湿気が多いので、撮影時、めがねが曇ってしまう。そもそも、めがねに雨滴がつくので、視界不良となる。
実は、この3がやっかいなのであるが、それを覚悟で、今日は小雨のなか、ペシペシしていったのである。


 本日初の飛び出し。
ミズイロオナガシジミ
恥ずかしがり屋で、草むらの奥深くに隠れてしまった。

090716-3



 おっと、赤いのが出たぞ。と思ったら、ウラナミアカシジミ
最近、赤系統が減ってきたように思う。以前は、また、赤いのか、と見向きもしていなかったのに、最近は、もしや、と追っかけるのである。時の変化を感じるのである。

090716-4



 次(下)、ウスイロオナガシジミ
尾状突起、一本欠損。中脚が一本欠損か。

 ビーティングしながら、ふと思った。
飛び出してきて、下に降りるか否かは、時間、温度によるとされているが、もう一つの要素として、ビックリの度合いが大きく左右しているのではないか?
例えば、ぐっすり寝ているときにたたかれると、対応のしようがないので、落ちるのみ。そして、昼間でも、衝撃が強ければ、怪我をする程度の(脚がとれる、翅が傷つく)衝撃であれば、降りてくる、というか、落ちてくるのでは無いかと、ふと思ったのである。
 あんまり、いいことしてないよなあ、乱暴だよなあ、葉っぱも落ちるし。
と思いつつも、ビーティングを続ける私であった。

090716-5



 今日の目的のfavoniusの一つ。
ハヤシミドリシジミ(メス)。まだまだ綺麗。
ちなみに、もう一つの目的のfavoniusは、今日は撮影できなかった。

090716-2



 ハヤシミドリシジミ(オス)
さすがにオスは、飛び古している。
運良く、活性の低い個体だったので、脚フェチの対象とさせてもらった。
脚の写真を撮りまくったのである。
ほんとはメスのほうがよかったんだけど(???)。

 下写真。ビックリして下草にとまった直後。

090716-6

 なぜか、飛ばずにゆっくりと、葉っぱを上がっていったのである。
よっこいしょっと。
頭部、脚部のアップ。(下の写真です。)

 先日、ジョウザンミドリシジミの写真を撮影したのであるが、意外に、脚、胴体の毛が、美しくブルーに発色していた。(リンクあります)過去、撮影していた写真を見返してみると、確かに、この部分がブルーに写っている物があった。いままで意識したことがなかったのであるが、結構綺麗なんだ、と思ったのである。そこで、今回、他のゼフィルスでも脚が綺麗なブルーに発色するのかどうか、確かめたかったのである。

 やはり、脚部は青く発色している。脚の周りの毛、等も青い。
(拡大するとよくわかります。全ての写真は、クリックで拡大されます。)

 脚表面に、青い鱗粉?鱗毛?(なんて言うんでしょうか?)が有るようだ。それは、跗節より𦙾節、𦙾節より腿節に多いようだ。つまり、脚の体幹に近い部分ほど、より青く発色している。
毛の発色はなぜだろうか?私の使っているカメラ、レンズ、現像ソフト、その使用法によるのかもしれない。

090716-7

090716-8


 触角は、白黒のまだら、と思っていたのだが、ただの白ではなく、やはりブルーっぽい。
先端の橙とうまくコンビネーション。(下写真)
眼玉に密生している毛も、前側は、ブルーに発色している。これは、毛自体の色?それとも、反射?干渉?それとも?

090716-9

 正面から。

中脚の腿節(人で言えば、ももの部分?)が、綺麗な青で写っている。

090716-10

 下、補助光(ストロボ発光)すると、脚のみならず、眼の表面の毛、体毛の一部も綺麗な淡いブルーに発色している。触角の点々も、青だ。

090716-11


 下写真。今回お世話になった、ハヤシミドリシジミの全体像。
翅裏以外は、ブルーが基調かな。翅表のみならず。

この清楚な青と、触角先端の妖艶な橙が、ゼフィルスの気品を醸し出す。
例え、飛び古したゼフといえども。

090716-12



 本日最後の写真。(クリックして拡大して鑑賞して下さい。)
会心の作。
ちょっと凝ってみました。
葉っぱの緑をバックに、物想うハヤシミドリシジミ
わずかに見える翅表のマリンブルー、脚の淡いブルー、眼球に密生している毛と、その複雑な色合い、そして触角の橙が撮れた。

090716-13

  1. 2009/07/16(木) 23:39:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

090709ゼフィルスを求めて

090709-1

 蝶が一番美しく見えるのは、いつであろうか?
テリトリーをはっている時、と思う。

 占有行動中の蝶はよく見かけるが、とても躍動感がある。
例えその一瞬を切り取った一枚の写真、静止画であったとしても、動きが感じられる。
 その眼には目的意識が感じられ、視線の先には何があるのだろうか、不思議に思うのである。触角や脚の位置、翅、羽毛の状態、全てが緊張感に満たされている。

 例年この時期、ゼフィルスの観察に行くのである。
もちろん、オスの行動、テリはり が見たいがために。
 朝、というより、未明、まだ暗いうちに出発。目指すは、県北の某所。
天気が気になるが、雨なら雨で、車中で寝ていればいいだけの話。梅雨に天候を気にしても仕方がない。

 到着。少し明るくなっている。暗い内につきたかったが、寝坊してしまった。
谷間に朝日が差し込んだ瞬間に、湧いてくる妖精を見たいのだ。

少し待つ。まったく蝶が飛ぶ気配はない。今にも雨が降りそう。
蝶が飛び出すか、雨が降り出すか、どっちに賭けようか、といった雰囲気である。
 
 運良く、少し回復しそうな雰囲気となった。
その瞬間、待ちわびたように、森から妖精が湧いて出てきた。

 曇り空を背景に、高所で卍飛翔。
100mmマクロ、めいっぱい拡大。

090709-2

 ジョウザンミドリシジミ
この種は比較的低い位置で占有行動を行ってくれるので、被写体にうってつけである。時には、地面で占有行動をとることもある。

090709-3

 時々、小雨がぱらつく。
カメラが濡れないように、ときどきタオルを巻くのである。
少し撮ると、彼は飛ぶ。
そして戻ってくる。
タオルをはずし、少し撮る。
そしてまた、飛翔。
戻る。
撮る。
の繰り返し。

 視線の先には、何があるのだろうか?

090709-4

 スクランブル態勢

090709-5

 体毛、脚も、光の条件によってはブルーに発色するようだ。反射かな?それとも、翅表のように何か特殊な仕掛けがあるんだろうか?
 (上の写真、そして、最初の写真、大きく拡大するとわかります。すべての写真はクリックで拡大されます。)


 今回、一つ是非撮りたいイメージがあった。
真横からのショット。
背中(翅の内側部)に鬱蒼と生えている、繊細な、軟かい毛を、光と共に捉えたかった。

090709-6

 翅表

090709-7

 真横から。
上体を起こしていると、翅を180度、といわず、もっと、240度程度拡げていることが多い。
背中の白い毛が、とても軟かそう。

090709-8

090709-9

 本当にジョウザンミドリシジミ?という疑問がふと湧くことがある。
そんなことどうでもいいのであるが、とりあえず、翅裏のショットも撮っておく。

090709-10

090709-11

 いったい、どのくらい時間が経過したのだろうか。
彼がとうとう戻ってこなくなるまで、久しぶりに、濃密な時間を持てた。
一頭のジョウザンミドリシジミと、すばらしい時間が過ごせた。
来年も、また来よう。

090709-12

 次のショット、場所かわっています。
今日は小雨もさることながら、風が強かった。
栗の木が、強風にあおられ、枝がしなっていた。
すると、ゼフィルスの輝きが、チラチラと見えたのである。
風にあおられ、飛び出したのである。少し飛翔した後、再び留まった。
なにかな?
 少し大きく感じられたので、オオミドリシジミかな?と思っていたのであるが、ジョウザンミドリシジミかな?

 
090709-13

 口吻は黄色。吸蜜(上)と、吸水(下)、たぶん。

090709-14


 ジョウザンミドリシジミ以外のゼフィルス。
アイノミドリシジミ
 時間、飛び方、大きさ、等諸々から思ったのですが。言ったモン勝ち。

090709-15

 あはは、次も言ったモン勝ち。
メスアカミドリシジミ(多分)
高い所でテリトリー張っていたので、これが精一杯。
車の上に立ち、ようやくこの程度のショット。

090709-16

 クリをビーティングして、飛び出してきたゼフ。
多分、メスアカミドリシジミ?
ボロボロになってはいるが、尾状突起が残っているのがミソかな。

090709-17


 ゼフィルス以外の蝶。

ヒメキマダラヒカゲ

090709-18

 コキマダラセセリ

090709-19
                   ( ↑ヒメキマダラセセリ?かな?わからん)
090709-20

 ルリタテハ
ゼフとは違ったブルーの美しさ。

090709-21

 ヒメシジミ
今日は少ししかお目にかかれなかった。
時期が悪かったのか、天候が悪かったのか、個体数が減っているのか?

090709-22

 最後、
クロシジミ
たまたま口吻をのばしているが、これは吸水(吸汁)のためではなかったようだ。

090709-23

090709-24




  1. 2009/07/09(木) 23:59:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

090702

 今日も、近場に、蝶の撮影に行った。できればゼフィルスの撮影がしたかった。
寝坊したので、9時頃からおもむろに出かけた。
これでゼフィルスの撮影ができるのか?と思いながらも、下草に降りているメスを狙おう、と楽天的に考えて出かけたのである。
 お昼ご飯のお弁当持って。

 むむ、この影は何だ。
一瞬どきっとした。
090702-1

 正解は、ムラサキシジミ。ゼフィルスではありませんでした。
下草をきょろきょろしながら歩くか、長竿でぺしぺししながら歩くか、悩ましい所であったが、とりあえずゼフをみたい、と思い、長竿を選ぶ。

 結構重労働である。首も疲れる。
むむ、と思ったら、ルリシジミ。
やっぱり飛び方違うよね、と思うも、ついつい追っかけてしまうのである。

090702-2

 叩き出しで、ヒロオビミドリシジミ(メス)、ウラジロミドリシジミ(メス)をネットイン。
種類を確認後、リリースする。
たっぷり卵産んでくれよ。

 ついに、下に降りているゼフィルス発見。
ナラガシワにとまって、翅を広げているメス。
むむ、ヒロオビミドリシジミのメスか?

090702-3

非常に足場が悪く、接近が難しい。
どうにか近づいて撮った一枚。
オオミドリシジミ(メス)

090702-4

 それから暫くして、また発見。
残念ながら、これもオオミドリシジミでした。
ナラガシワの下の草にとまっていたんだけどな。

090702-5

 それからまた暫く。
ウラジロミドリシジミの撮影に成功。
たぶん、メス、かな?

090702-6

 残念ながら、本日の目的の一つである、ヒロオビミドリシジミは、撮影できず。
次回に期待しよう。(来年になるかも?)

 ゼフィルス以外の蝶
 スジグロシロチョウ

090702-7

 キチョウ

090702-8

 トラフシジミ
 トラフは、気が強い、というイメージがあるが(その名前から、勝手に私はそう思っている)、この吸蜜シーン、触角をしょぼんと倒している。この個体は気が弱いのかも。

090702-9

 ミドリヒョウモン 
 
090702-10

 そして、ツバメシジミ
 なんか変だぞ?
 写真撮りながら、思った。

090702-11

 やっぱり、なんかついている。

090702-12

 右後翅裏面、鱗粉(翅毛)?の欠損部位もある。(上の写真)
 左後翅裏面にも、同様な欠損部位有り。(下の写真)
 ダイダイ色のナンカ変なのがついているが、それと関係あるのかな?

090702-13

 拡大してみると、この橙色のもの、脚が有る。寄生虫か?ダニ?

090702-14

 ムラサキシジミの産卵シーン。
 おやおや、君にも寄生虫ついてるぞ?
 尾端を曲げて、

090702-15

 1卵、産みました。
 画面中央に卵が見えます。

090702-16

 もう一回、尾端を曲げて、

090702-17

 二つめを産みました。
 目の前の邪魔者をどうにかしてやりたいが、どうしようもない。

090702-18

 道ばたで見つけた綺麗な蛾。
 さすが、水滴をはじいてるぞ、と思って、写真を撮ってみたら、
ああ、おまえもか。寄生虫がついている。
これはいったい何なんだ?

090702-19

 本日の最後の種。
 オオチャバネセセリ
 目玉や顔に、白い物がいっぱいついている。(クリックして拡大するとよくわかります。)
これは、寄生虫ではないですよね?花粉、かな?

090702-20

 一心不乱に吸密モード。
これで花粉がついた?

090702-21
  1. 2009/07/02(木) 23:55:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (507)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード