べにしじみこむ の蝶ブログ へようこそ

主に広島県で蝶の撮影をしています

090429

 先日、ギンイチモンジセセリの写真を撮ったが、当日は肌寒く、蝶はあまり動いてくれなかった。
今日は是非、動きのある(感じられる)写真が撮りたいと思った。

 こんにちは。
この角度から撮ると、ちょっとひょうきんな感じ。

090429-1

 ちょっと角度を変えると、少し いかつい感じ。

090429-2

 この角度になると、ギンイチモンジセセリとわかる。
ちょっと、ぬぼっとした感じ。(失礼)


090429-3

 以上、ギンイチモンジセセリの表情、三態でした。

 次の個体。飛び古している。

090429-4

 次は、青空をバックに。

090429-5

 翅表

090429-6

 丈の低い草むらを、縫うように飛んでいた。(オスは。)
メスは、あまり飛んでなかった。驚かすと、やっと飛ぶ。
おなかが重そう。

090429-7

 ベニシジミ

090429-8

090429-9

 一旦帰宅し、昼食後、今度は車に乗って、再び撮影に出かける。
以前見つけていた卵が孵化しているかどうか、気になっていた。

 うーん、オオミドリシジミ、かな?
ちょっとがっかり。当地では、ナラガシワもお好み?たぶんナラガシワと思う。
おしりから、糸を引いているのかな?

090429-11

 むしゃむしゃ

090429-12

 少し見えている脚は、たぶん、ナナフシの類の幼虫のもの。

090429-13

090429-14

 今年まだ撮影していなかった、スプリングエフェメラル。
ツマキチョウ

090429-15

 ウラギンシジミ
陽光が心地よい。長かった冬、無事越せた。
ご苦労様。

090429-16

 トラフシジミ
コツバメのまねを、ちょっとしてみた。

090429-17

 でもやっぱり、全開のほうがいいよん。

090429-18

 とんぼ

090429-19
090429-21

 トンボはヤゴが変態したもの。この写真でなんとなく納得。

090429-22

 
  1. 2009/04/29(水) 23:39:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

090426ギンイチモンジセセリ春型

 今朝の愛犬との散歩。そろそろ出ていないかと、きょろきょろしながら、歩く。
今朝はちょっと肌寒く、風もある。
まだかな、と思っていると、かやにつかまり、じっとしている個体を発見。
愛犬をせかして大急ぎで帰宅。カメラを首にぶら下げて、再びポイントへ。

 見覚えのある橙の触角みっけ。

090426-1

 綺麗な個体
白いラインが新緑に映える。

090426-2

 風が吹いて、向きが変わった。

090426-3

 曇天で、時々、陽がさしてくる。
触角、翅縁、にうまく光があたる瞬間を待ち、シャッターをきる。
キャッチライトが入ってくれればいいのだが、と念じながら。
 風が吹いて、なかなかチャンスがつかめない。

090426-4

 次の個体。

090426-5

090426-6

 ベニシジミと遭遇。
右後翅に問題あるか。羽化不全?

090426-7

 陽が射してくると、翅を拡げる。が、すぐまた陽が陰るので、飛びたたず、じっとしている。
090426-8
  1. 2009/04/26(日) 12:55:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

090419トンボと遊ぶ

林の中をくぐり抜け、とある池のほとりに出た。
トンボがわんさか飛んでいた。
連結しているもの、単独のもの。

090419-1

 ホソミオツネントンボ
下、w型
090419-3

 トンボって、案外、フォトジェニックな生きものなんだ。
下、3型
090419-2
 
 やっとハート型が撮れた。
せっかくだから、ハート型に連結しているのが撮りたかったのである。
特に意味はない。

090419-4

 トンボと戯れていると、蝶が岸辺に飛んできた。
ムラサキシジミ、吸水。かろうじて口吻が見える。

090419-5

 今日は、林の中を彷徨。
時々、少し開けたところに出たが、ある時、さっと飛びたつ蝶に遭遇。
トラフシジミ、今年初めての遭遇。ちょっと高いところに、しかもあっちを向いてとまった。
向きを変えてくれるのを待っていたが、なかなかこっちを向いてくれない。
縁毛(?)のブルーがかった光の反射が綺麗だったので、シャッターを切る。

 トラフシジミ(のおしり)
090419-6

 今日の目的は、ギフチョウの、卵探し(兼新産地探し)
090419-7

 いままで行ったことがなかった山に行ってみた。
ひたすら林床を見つめながら歩いた。
結構、食草は見つかったが、お目当ての卵は、全くなかった。
いったい、何枚の葉っぱをめくっただろうか。

090419-8

 葉っぱめくりに疲れて、がっかりしていたところに、先ほどのトンボの楽園。

  1. 2009/04/19(日) 23:55:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

090416ギフチョウを求めて その4

 ミツバツツジが盛りである。桜はもう、ほとんどが散っている。
今日もまた、ギフチョウを求めて、近くの里山へ出かけた。
ギフチョウは、2度、楽しませてくれる。
早春に初めて出会った時。
そして、今日の目的、卵を見つけた時。真珠探しである。

 カンアオイを探しながら、林内を徘徊する。

090416-1
 
 2卵塊あります。

090416-2

 拡大

090416-3

 次の卵塊みっけ。
逆光で見づらい。9卵付いている。
右の葉っぱ、中央よりやや下。

090416-4

090416-5

 次の卵塊、と言っていいのか、2卵。
蟻さんが寄ってきてました。ちょっと不安。

090416-6

 今日は、ギフチョウ成虫とは遭遇せず。残念。
下ばっかり見て歩いていたからかも。
気温やや低め。曇天のせいもあるか。
 蝶で、一番多かった成虫は、ミヤマセセリ。他に、ルリタテハ少々に遭遇したのみ。

090416-7

 トンボをパチリ。
シオヤトンボ。

090416-8
090416-9

  1. 2009/04/16(木) 14:32:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

090412ギフチョウを求めて その3

 今日は、メスの写真、できれば、吸蜜シーン、産卵シーンなどが撮れればいいなと思って、出かけてきた。
 到着して、すぐに撮った写真。
メスの吸蜜シーン。たぶん。口吻が見えないけど。

090412-1

 同じ個体。もっと近接撮影がしたかったが、驚かしてしまって、この個体はこの二枚限りとなった。

090412-2

 今日は、4個体にしか遭遇できなかった。到着時間が遅かったこともあるが。
そのうちの、一個体。虫ピン刺したみたいなボッチがあったので、アップしました。
そういえば、ここ久しく、虫ピン触ってないなあ。
ネット振るより、写真の方が面白いかな。
展翅めんどくさいし。他にも理由あるけど。

090412-3
 今日は一眼マクロ撮影できず。
 今日は弱気の風が吹いて、とりあえず、遠くからまず1枚、の撮影パターン。
腰が引けてて、一眼レフ、使えなかった。
近づいて行く途中で、すべて逃げられた。
初めから近接撮影を試みたらよかったかも、と反省の弁。
でも、そうしたら、全然撮れなかったかも?
いつも陥るジレンマ。
 
 数年前までは、捕虫網と、カメラと、両方持っていたけど、どっちを使うか、いつもジレンマに陥っていた。
 いまはカメラだけになったが、今度は、どのカメラを使うか?どこまで近づくか?で、またまたジレンマに陥る。
 
  1. 2009/04/12(日) 16:54:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

090409ギフチョウを求めて その2

 今日は天気もよく、気温も充分上がってくれた。
現地到着時、13度。前回と5度も違う。
前回は咲いていなかったツツジの花を見つける。

090409-1
 
 到着早々、ギフチョウの飛翔に出会う。幸先がよい。
 地面に着地するのを待ち、そっと近づく。

090409-2

 違う個体。
 右後翅がかなり破損している。左前翅、やや羽化不全かも。

090409-3

 桜で吸蜜してくれた個体。
 これは尾状突起がそろっていた。桜は満開。春うらら。

090409-4

 次の個体。
これは尾状突起を損失している。
木漏れ日の当たる空間に、ほどよく伸びた小枝に静止してくれた。

090409-5

 次の写真、やっと、翅表が写せた。

090409-6

 お弁当食べていると、近くでちらちらとギフが舞った。
大急ぎで、カメラをとってくる。
綺麗な個体。珍しく、樹幹に止まってくれた。

090409-7

 上と同じ個体。
 枝に静止した。下からパチリ。

090409-8

 ミヤマセセリも結構見かけた。
以下の3枚、同じ個体。
090409-9
090409-10
090409-11

 ギフチョウを追って、道なき疎林の中を徘徊していると、足下から、黒っぽい蝶が飛びたった。
予期せぬ蝶の出現。
真ん中にいます。完璧な保護色。

090409-12

 クロコノマチョウ。
長い冬を無事越した。
春にこの蝶に出会うのは初めて。
全く予想していなかった出会いだが、よく考えてみると、いるはずですよね。

090409-13

 湿地の脇を歩いていると、トンボ見つけた。
たぶんシオヤトンボ(メス)。間違ってたら、お教え下さい。トンボは詳しくないので。

090409-14

090409-15

 今日は暖かく、汗ばむ程でした。
車中に置いていたコーヒーがホットになっていた。
  1. 2009/04/09(木) 18:20:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

090405ギフチョウを求めて

 天気予報によると、だんだん晴れてくるそうだ。
ポイント到着時は、非常に不安な空模様。温度8度。
大丈夫かな?と思うも、空模様の回復を期待し、じっと待つ。
天気予報によると、だんだん晴れて、気温も上がってくるはずだ。
今日のターゲットは、ずばり、ギフチョウ。春の女神である。

090405-1
 
 到着時は、どんよりと曇り空。お日様はどこかに隠れている。
 なかなか気温が上がらない。

 昼前になり、だんだん気温が上がり、青空が見えてきた。
ようやく、蝶が飛びだした。
まずは、テングチョウ

090405-2

 やはり今日も、ルリタテハが目立つ。

090405-3

 脚のアップが撮りたかったのだが、うまくいかない。

090405-4

 ミヤマセセリ
今日は、ミヤマセセリの迫力のあるアップも、目的の一つとしていたのだが。
アップは撮れたが、迫力はない。

090405-5
 
 前ボケがじゃま。仕方ない。

090405-6

 ルリタテハと、ミヤマセセリは、追っかけっこしていた。
ミヤマセセリ、結構気が強いんだ。

何のことはない、前回と同じ面子。
違った俳優の登場を祈りながら、里山を歩く。

 今年初めて、キチョウに出会う。
まだ少ないスミレで吸蜜。

090405-7

 もしかして、と期待して追っかけた。
ファインダーみて少しがっかり。
ナミアゲハ。でも、今年初めての出会いである。
すでに翅がぼろぼろになっている。

090405-8

 今日もやっぱりだめか、と思いつつも、ここぞ、と思うポイントで粘る。
やっと、女神が舞い降りてきた。

090405-9

 でも、なかなか近寄れない。
どうにか撮れた写真。
既に飛び古した感がある。完ピンじゃなかった。

090405-10

 接写は、次回の宿題となった。
でも、会えて良かった。正直、ほっとする。
新しいシーズンが始まった。
今日は、ギフチョウに、4回、遭遇しました。

 そろそろ帰ろうとしていると、何か細い物が飛んだ。
今年初めて出会ったトンボ。

090405-11
 オツネントンボ
  1. 2009/04/05(日) 20:38:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

090402スプリングエフェメラルを求めて

 このところ、気温が上がらない。昨晩は、冷たい雨が降り、しかも風がかなり強かった。
春の嵐というのだろうか。台風がきたのかと思うほどの風だった。
県北の深入山では、積雪があったと、今朝の新聞に載っていた。
 気温さえ上がってくれれば、春の蝶が観察できるはずである。
この前の日曜よりは気温が上がりそうだったので、少し期待して、近くの里山に出かけた。
 ターゲットは、まずは、コツバメ
 9時過ぎに到着したが、早速、小さな茶色の物体が飛びたった。
期待通り、コツバメ
 どんぐりまなこの周りの白いラインがかわいい。触角の橙がお洒落。

090402-1

090402-2

 翅を傾けて、陽を浴びる。だんだん気温が上がってくる。
翅を全開した方が、効率がいいのではないかと思うのだが、頑固に開翅しない。

090402-3

 どんぐりまなこに、私は写っているのだろうか?

090402-4

 次の写真、たぶん給水。この種は比較的給水シーンによくお目にかかる。
昨晩の雨が、まだ残っているのだろう。
ちょこまか飛び回り、なかなか近づけない種だが、このときばかりは、ゆったりしている。

090402-5

 コツバメの写真で表現したいのは、白、橙、そして、翠。
どうにか翠が写ってくれた。
090402-6

 眼の表面にも毛が生えているんですね。知らなかった。
クリックして、写真を拡大するとわかります。
本日の二枚目の写真でも、結構密生しているのがわかります。
眼に毛が生えていて、はたして、世界はどのように見えているのでしょうか?
 ヒトの眼の表面には毛は生えていないよね?たぶん。

 コツバメとともに、本日、比較的遭遇しやすかった種は、
ルリタテハ

090402-7

 次の個体は、翅が結構傷んでいた。

090402-8

090402-9
 
 お次は、まあまあ、綺麗。

090402-10

 ルリタテハは、春に羽化する個体がいるということであるが、どうなんでしょうか?

 テングチョウも、少しいた。
つぶらなお目々に、瞳は複数?

090402-11
 
 何のことはない、前回と、同じ顔ぶれ。
もっと期待しているのがいるのだが。
ただ、桜は、相変わらずまだつぼみだし、スミレの花も、多少数は増えているものの、まだぽちぽち、って感じ。
たぶんまだお目当ては出ていないのではないか?と思った。
タンポポがきれい。

090402-15

 桜は、ほとんどが、まだつぼみ。

090402-16

 でも、中には気の早い桜の木もあった。
ということは、気の早い蝶もいてもいいのではないかと、勝手なことを考えていた。

 090402-17

 桜の花びらを撮影していたら、視野の片隅に、何かが動いた。
向こうの斜面に、なにか、見覚えのある飛翔をする物体が。

一目散にかけだした。
延々と、たぶん数百メートルは追っかけただろうか、
やっと、とまってくれた。

次のスプリングエフェメラル。

090402-12

 ミヤマセセリ
一年ぶりの再会。
飛び方でわかる。

090402-13
 細枝にとまって開翅するミヤマセセリ。
090402-14

 次のターゲットは、次回にお預け。
ちなみに、当地では、既に気の早いギフチョウは羽化しているとの情報有り。
私は今日は確認できませんでした。
残念。
でも、結構楽しかった一日でした。



  1. 2009/04/02(木) 21:54:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

benisijimi(ベにしじみこむ)

Author:benisijimi(ベにしじみこむ)
こんにちは,
べにしじみこむ です。
ゆっくりしていって下さい。

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (550)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード